【離婚が認められる5つの理由(1)】浮気・不倫(不貞行為)が認められるポイントと慰謝料相場

離婚が認められる5つの理由,浮気,不倫,不貞行為

こんばんは!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

合意して離婚する分には理由は何でも良いのですが

一方が『離婚したくない!』と言えば争う事になります。

裁判になると協議とは違い

理由は関係なく何でも離婚できるって訳ではなくなります。

裁判で『離婚したい』と主張する時に認められる理由は5つあります。

 

その5つの理由とは

  1. 浮気・不倫(不貞行為)
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない事
  5. その他婚姻関係を継続しがたい重大な理由

 (引用元:民法第770条)

 

 

万が一、理由が無い場合でも

上記の理由になんとかこじつけて

5つの1つを主張していかなければ認められません。

 

離婚したくないのに、相手が

『離婚してくれー』

と言うだけで離婚出来ては困るからです。

 

その為、言葉だけではなく

第三者が納得出来る様な客観的な証拠が必要です。

 

離婚事由

『浮気・不倫(不貞行為)』

については、

慰謝料いらないから、離婚してくれ。

そう思うママも多いとは思いますが・・・

  • 離婚理由として立証させるポイント
  • 慰謝料の相場
  • 慰謝料の増額・減額ポイント

と主観も交えて説明して行きます。

 浮気・不倫(不貞行為)

 

 『配偶者ある者が自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を結んだ場合。』

 ただし

夫婦仲が破綻した後(出張とかは抜きにして別居とかしている場合)に

不貞行為が始まった場合には、理由が却下される場合があります。

 

よく芸能人のニュースで見るヤツですね。

騒がれているので何となくは知っているつもりでも

ここにも色々な線引きがあります。

 

芸能人などでよくもめる点。

妻は普通に仲が良かったと主張するけど

夫はすでに婚姻関係は破綻していたと主張するケースです。

 浮気していた事が認められれば、

離婚はできますし慰謝料の請求も出来ます。

 

逆に離婚したくないと言えば

浮気・不貞していた本人(有責配偶者)から離婚したいと言われても離婚はできません。

ただ、同居するように認められても強制力はないので

そこら辺は本人同士のやり取りになります。

結果、別居と言う事になれば、まだ離婚していない以上夫婦扶養義務(民法752条)があるので

別居期間中は婚姻費用は支払われる事になります。

慰謝料相場

気になるのは慰謝料の相場ですね。

金額によっては離婚も考えてあげてもいいってママも

少なくないと思います。

大体の相場は

  • そのまま別居も離婚もしない場合の金額 50~100万円
  • 別居に至った場合 100~200万円
  • 離婚に至った場合 200~300万円

(婚姻費用や養育費とは別です。)

100万円単位で幅がありますが、この幅には理由・内容により

増額したり減額したりする為です。

 

※ちなみに夫と浮気相手に請求する場合は

合計で300万円になるように請求するのが基本の様です。

増額されやすい理由

 

婚姻破綻していない夫婦だったのにも関わらず夫が浮気をした。

言う迄もなく、毎日ラブラブしていたのに『ふざけんなー』って事です。

現場写真を抑えてる。ホテルに出入する写真を時間付きで記録するとか。

グロテスクな写真がとれれば第三者からは決定的と見なされるでしょう。

婚姻期間が長いと精神的ダメージが大きいとされます。

妻の年齢も再スタートも出来る年齢ではないとなると、責任が重くなります。

・円満だった家庭が、浮気が理由で家庭が崩壊した。

・妻側が性交渉に応じなかった事はないなど、全くの落ち度がない場合。

・浮気の回数が多い期間が長い方が高額となります。

浮気相手との間に子供が出来ていた。

・浮気による精神的苦痛で鬱病になった。

・夫婦間に子供がいる場合。

・浮気がの明らかな証拠があるのに断固として認めないケースは気持ちを踏みにじられているとして高額になります。

・慰謝料を払う側の収入資産が高い場合。例として、有名芸能人や、スポーツ選手で億単位で支払ったというのは収入資産が高いというのも理由の1つです。

 

参考・引用サイト:アディーレ法律事務所

(アディーレ法律事務所は、浮気や不倫を主に力を入れていて

良い意味で、離婚訴訟の時の たま の様な事例は『浮気が絡んでいないから』と

断られてしまった程です。

浮気・不倫・不貞行為で証拠を既にお持ちの方、調停や裁判をお考えの方は

相談してみてください。)

浮気相手に対しても慰謝料請求ができる

 

・浮気相手か夫か、どちらが積極的に仕掛けてきたか?

浮気相手が夫の事を既婚者だと知りながら不貞関係にあった様な悪質な場合

夫とは別で浮気相手にも慰謝料請求が出来ます。

既婚者だと知りながら浮気相手から仕掛けて来たとすれば

夫よりも浮気相手の方が高額請求される例もある様です。 

減額される理由

 

真摯に謝罪していたり

浮気がバレた事により会社をクビになったりして

浮気した側が社会的制裁をうけていると減額される場合があります

・単純に上記の増額理由の反対の事だと減額理由になります。

結婚して間もないとか、性交渉に応じなかった妻が若いなど。。。

 

減額理由も、された側としては

『そんなの関係ないじゃん!意味不明!!』

と たま 自身は思ってしまいますが

現実は『平等』に考慮されるわけです。

(何が平等だーーーームカー!(○`дノ´)ノ┳┳・゚・┻┻・゚・。

 

増額理由にも動かぬ証拠が必要になって来ます。

離婚を勝ち取る為なら仕方がないと思いますが

増額の為に証拠を集める精神的ダメージは計り知れないので

あまりオススメはできません。

(稀に探偵気分になって楽しめるママもいますが、、、)

まとめ

 

第三者が納得する様な証拠って思った以上に基準が厳しいです。

鬱病になったとしても、それが本当に浮気されたからなったものなのか?とか

厳しく証拠を求められます。

(たま も精神的に病んだ理由を主張しましたが認められませんでした。)

 

精神的に病みながら無理して証拠を集めて、認められなかった時は、

証拠を揃えたのに、疑われ、つつかれ、認められない、増額にならない、、、

ダブル、トリプルで精神的ダメージを受ける事になります。

 

実行しようとしているママへ

一時的なお金よりもママの心身が1番大事だと言う事を忘れずに

無理せずに戦ってくださいね☆

 

まだ疑わしいという時点では

探偵(興信所)などを利用するのも良いと思います。

プロが裁判で使える確実な証拠集めをしてくれます。

↓こちらのリンク先は関東専門になってしまいますが、無料相談もあります。


是非ご活用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA