【離婚調停日記】泣いてしまった第2回目調停期日・婚姻費用請求の話も加えて

【離婚調停日記】泣いてしまった第2回目調停期日・婚姻費用請求の話も加えて

【離婚調停日記】泣いてしまった第2回目調停期日・婚姻費用請求の話も加えて

 

こんばんは!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

 

第1回目調停から約1ヶ月経ち第2回目の調停期日がやってきました。

今回は夫の申し立てた離婚と たま が申し立てた婚姻費用

内容として話し合われます_______φ(・ω・)

 

下記、今迄のお話の流れです。

【離婚調停日記】裁判所からの通知と回答書

【離婚調停日記】ガチガチに緊張した第1回目調停期日

 

今回の たま は

弁護士さんの助言を含め

子供を守るのは私しかいない!!(`・ω・´)キリッ

体と子供の状態が落ち着く迄、生き伸びて行く方法は

婚姻費用を貰いながら生活を整えていくしかないんだ!!!

負けられない戦いを前に、いつもの落ち込みっぷりを捨てて、

かなりの戦闘モードでした(๑ÒωÓ๑)

 

 

第2回目調停期日が始まる

 

先攻、夫。約20分・・・

 

調停委員さん(男)

『どう考え直しても、やり直す気はないとの事でした。

娘さんに会う事や、母親と縁を切る事を含め

考えはかわりません。との事です。』

 

たま

『母親に確認しましたが、

『出て行け』などの暴言は言ってないみたいです。』

 

調停委員さん(男)

『どっちにしろ、親は関係ないからねぇ・・・』

 

婚姻費用の主張と歩み寄り

たま

『家計簿ですが、3ヶ月分と言われたのですが、

先月から書き始めたので1ヶ月分もってきました。』

(家計簿を差し出したが、何故か受け取られない。。。)

 

調停委員さん(女)

『もってきたのね。。。

でも一応ね、『見たいという申立人の希望』という事だけで

家計簿を見せたからといって、かかった分全ての費用支払う。

という意味ではないと思うのよね。

だから、コチラ(調停委員)としては、

申立人の源泉徴収票あなたの非課税証明書を参考に

婚姻費用算定表を使って決めて行きたいと思いますが

いかがでしょうか?』

 

たま

『はい、よろしくおねがいします。』

 

調停委員さん(男)

『それで申立人の源泉徴収票なんだけど、

提出されなかったので、次回持って来てもらう様にしたから。

申立人の意向で公表は出来ないんだけど大体の年収は言っていて、

算定表に当てた金額は払えないと言っています。』

『仕事や、車の故障、親に仕送りしないといけないとかで

出費が多いから払えても3万円で、

払える時には6万円くらいは払えると言う事ですがどうですか?』

 

たま

『両親共に働いているので、仕送りってよくわかりませんが、

どうしても一時的に払えないというなら、

ちゃんと納得出来る様な証明してもらえば、仕方ないと思っています』

『仕事の出費は職場から支給されると思うし、

車の故障は一時的な出費なので、

毎月の婚姻費用を下げる理由としては納得はできないです。』

『その基本3万で払える時6万円というのは今後もと言う事ですか?

それとも、次回の源泉徴収票が提出されるまでとりあえずの金額と言う事ですか?』

 

調停委員さん(男)

『離婚成立までの期間と言う事です。』

『申立人からの提案で、あくまでも提案だから。』

 

たま

『その提案は・・・受け入れられません。

その仕送りの部分は証明して頂ければ考えようと思いますが・・・』

『子供もまだ3ヶ月と小さく必要なものが沢山あります。

1ヶ月分ですが、家計簿につけて来た通り、

1ヶ月に最低でも、オムツ5000円、ミルク1万円はかかります。

 

ミルクは娘が乳糖不対症という病気になり治療用ミルクしか飲めなくて高いです。

今月途中から治療がはじまったので、完治する迄のミルクの費用は実際はもっとかかると思います。

 

妹がB型肝炎だった為、任意の予防接種も受けたいので、

1回のワクチン代が5000×3回で15000円。

先日、娘の体調が悪く入院もありましたので入院費もかかりました。

2日で差額ベッド代だけで26000円かかりました。

 

その他にも、ベビー服や衛生用品や、色々かかります。

 

夫は出て行く時、子供のミルクに使う飲料水全て持って行きましたし

家具も、離乳食に使う新品の調理器具も衛生用品も持って行ってしまいました。

また買い直さなければならないので生活はとても厳しいです。

 

働けない環境にある以上、

どこからもお金は入ってこないので、保育園は入れない、

婚姻費用は入って来ないじゃ、どうしたらいいのかわかりません。

2人の生活費として3万円は納得出来ません』

 

『私も帝王切開でまだ痛みもあって、まだハードに動けませんし

お腹縫っていた糸が切れて出血で救急にかかったり、

今は貧血で点滴を受けに行ったりもしています。』

 

『こちらの希望としては月10万円で

次回、夫は源泉徴収票を提出した時に

差額を清算する様にして頂くのが私の希望です。』

 

『その10万円とは別で

入院費や、ワクチン代は特別費用として

別で振り込んで頂きたいです。』

 

 

ここで交代、約40分・・・

夫の主張

調停委員さん(男)

『戻る気はないんだから、とりあえず離婚してくれ。

してもらえないと養育費が払えない。

「月10万円の婚姻費用は払えない。」と言っています。

婚姻費用と養育費は別という説明をしたんだけど・・・

とにかく10万円は払えないそうです。』

 

調停委員さん(女)

『感情的になられているようで

「子供に高いミルクを飲ますなんて金銭感覚が狂っている。

だから一緒に暮らせない。離婚しかない。とおっしゃっていて、

子供の入院費・ワクチンも本当かどうかもわからない。

だまそうとしている。」とおっしゃってます。

ですので、証明の為の領収書の提出をしたらどうかしら。

お子さんを育てている以上お金は大変かかるものだから、

全くないよりは、少しでも足しにという気持ちで

相手が払えるという金額を

まずもらっていた方がいいかなと思うんだけど、どうかしら?』

『また次回、源泉徴収票が出た時点で

奥様がおっしゃる様に、清算と言う事で

こちらから説得しみようと思いますが、いかがかしら?』

 

たま

『はい。ありがとうございます。お願いします。(号泣)』

(なんか、、、この辛い状況で私の思いをくみ取ってくれた気がして涙が出てしまいました)

 

ここで、夫と交代

 

とりあえずの婚姻費用が決まった

いや~。泣いてしまった。。。。゚(ノωヽ。)゚

弁護士さんに泣くなと忠告されたのにまずかったな。

説得してくれるって言ったのに、心証悪くしたかな・・・(・-・`*

ドキドキして待つ事。

 

約20分・・・

 

調停委員さん(男)

『6万円なら払うって事で

とりあえず、今月から送金してくれるみたいだから

送金しない様だったら言ってください。

申し立て人から、毎月15日という希望だったので

それでいいよね?』

 

『それと入院の費用とワクチンの費用は

領収書を会社に送ってもらえば振り込むと言う事でした。』

 

たま

『はい。大丈夫です。ありがとうございます。(号泣)』

 

調停委員さん(女)

『よかったわね。とりあえず安心ね。(ニコニコ)』

 

たま

『ありがとうございます。(号泣)』

 

調停委員さん(男)

『では次回の日程、○月○日はどうでしょうか?』

 

たま

『差し支えありません。』

 

調停委員さん(女)

『お子さんの為にも、お体無理されない様に気をつけてね。』

 

たま

『ありがとうございました(うるうる)』

 

まとめ

女性の調停委員さんは

どちらかというと たま の意見に耳を貸してくれている気がしました。

男性の調停委員さんも

冷たい様な、面倒なんだろうな~って感じた所はありましたが

生活にかかるお金に関しては

金額を言った方が、現実味が増したのか(弁護士さんのアドバイス通り

夫に今月からでも婚姻費用を支払う様、

説得をしてくれた感じがして

たま の気持ちをくんでくれている気がしました。

弁護士さんのアドバイスがとてもきいたようです。

 

弁護士さん、ありがとうございましたm(__)m

調停委員さん達、ありがとうございましたm(__)m

協議で、たま 1人の頭では絶対無理だった。

 

最終回の第3回目離婚調停へつづく・・・

【離婚調停日記】最終回!!第3回目調停期日・全ての結果が明らかに!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA