【裁判訴訟日記】第1回口頭弁論と擬制陳述

【裁判訴訟日記】第1回口頭弁論と擬制陳述

 

おはようございます!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

答弁書送ってからの裁判のお話です。

<関連記事>

【離婚訴訟日記】夫の訴状に対しての たま の答弁書

【離婚訴訟日記】たま の答弁書の真相

 

 

弁護士さんと委任契約をしたので

答弁書などの書類、手続きなどは

委任契約した弁護士さんがすすめてくれています。

今日は たま の場合の

『第1回口頭弁論』を書いて行きたいと思います。

第1回口頭弁論

訴状が来た時点で答弁書の提出期限が決まっており

第1回口頭弁論の期日も決まっています。

答弁書が自分で書くのが自信がなかったので

すぐに弁護士さんと委任契約したのですが

答弁書の書類が入っていれば

提出期限に間に合わないような難しいものではないと思います。

 

答弁書の作成が難しかった理由は

関連記事:【離婚訴訟日記】夫の訴状に対しての たま の答弁書

を参照してください。

 

たま に様に答弁書書式入っていなくても

最悪自分で書いて送る事もできますし

弁護士さんの委任契約をすれば

手慣れている弁護士さんには大した事のないと思う作業なので

打ち合わせさえできれば、間に合わない事はあまり無いと思います。

擬制陳述

第1回口頭弁論期日は約1ヶ月後の予定になっていました。

弁護士さんと委任契約をしたときには2週間くらい前でしたので

弁護士さんはスケジュールが合わず『行けない』との事でした。

『え!!いけないの?

口頭弁論に出ないと負けちゃうじゃん!!』

と、とても焦りました(汗)

私は行く気満々と言うか

負けると思って欠席する気はなかったので

空けていたのですが、、、

実は第1回目の口頭弁論『だけ』

欠席が許されています。

その為のちゃんとした書類が必要なので勝手にお休みはダメですよ。

※連絡無しの欠席裁判は敗訴になります。

何故1回目の裁判だけ欠席が許されるのかというと、

訴状がいきなり来て、出頭は1ヶ月以内に設定されているので

被告側(訴えられた側)は、スケジュール合わせられないが為に

負けるのは理不尽と言う事で

欠席し『擬制陳述』することで、出頭したと同じ事にしてもらえるのです。

※『2回目』や『訴えた側』は元々日程を合わせているので

欠席する事はできません。(欠席=敗訴となります。)

特別な理由がある時は許される事もあります。

急に親戚が亡くなったとか

体調の問題で出れないとか・・・

上記の理由で欠席する時は、それなりの書類や診断書が必要な様です。

当然行くつもりでいたので

たま のスケジュールは空いていたのですが

弁護士さんが行かないのに

たま だけ行くのも勇気はなかったので欠席しました。

(ビビリです)

被告側の席にはだれもいない状態で

『擬制陳述』がされ

第1回口頭弁論は無事終わりました。

 

 

 

『擬制陳述』をしてもらうには

『擬制陳述』してもらう場合は

答弁書を裁判所に送って

更に『擬制陳述』の手続きをしなくてはいけません。

弁護士さんに委任している場合は弁護士さんが手続きしてくれます。

弁護士が決まっていない、本人訴訟の場合は

裁判所に相談してください。

擬制陳述は、法廷に行って

陳述したのと同じ効力がありますので

何かに差し支える事はないようです。

ビビリな たま は

何かの間違いで

このまま負けてしまったらどうしよう・・とか

眠れない程考えましたが(笑)

訴えられる側は急な事だけに

『擬制陳述』される方は結構多いみたいです。

第1回目の口頭弁論の内容

第1回目の口頭弁論の内容は

裁判所の人が事件番号読み上げ

『訴状通り陳述しますね』

と原告側に確認します。

たま の場合は、委任弁護士さんの代わりに

裁判官が

『被告から答弁書が提出されていますので、陳述を擬制します』

と言い、ものの2・3分で終わりだそうです(驚!)

出席の場合も、1回目は

『訴状通り陳述しますね』

『はい』

ほどで終わるそうです。

なんだか色々緊張しまくって拍子抜けしてしまいますが

とても大事な事なので、行ける方は行っておいた方がよいと思います。

まとめ

『訴状』は来てもあけるのに勇気が要りました。

開封する前、心の準備に時間がかかった事は覚えてます。

 

万が一、訴状の受け取りがギリギリだったり、

弁護士さんが見つからず欠席や答弁書が間に合わない場合は

一度、裁判所へ連絡すれば、どの様な手続きが必要か教えてくれるそうです。

 

絶対に無視とか何もしないっていう状態にはしないでください!!

勇気ももって、なるべく早めに開封してくださいね!

 

つづく・・・

【離婚訴訟日記】弁論準備期日・1回目

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です