【離婚訴訟日記】弁論準備期日・1回目

【裁判訴訟日記】弁論準備期日・1回目

 

おはようございます!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

前回、第1回口頭弁論は

擬制陳述してもらい無事終わりました。

関連記事:【裁判訴訟日記】第1回口頭弁論と擬制陳述

 

その後、委任弁護士さんからの連絡で

『弁論準備手続きになりました』

と連絡がありました。

弁論準備期日とは

口頭弁論とは別で、どちらかと言うと

『和解で終わらせられる様に話合いをしましょう。』

と言う様な感じの物です。

(当事者の たま はそんな感じがしました。)

 

証拠提出とか、事実確認とかも含めて話を進めていきます。

 

たま の弁論準備期日の内容

1回目の口頭弁論後、たま の答弁書に対しての

夫の反論(準備書面)が来るはずだったそうなのですが

送られてきませんでした。。。

何もないまま期日になり、裁判所へ行きました。

(下記の会話は原告と被告の言い回しがわかりづらいので、原告→夫、被告→たま として変えます。)

 

裁判官

『夫側からの準備書面が提出されていますがお手元にありますか?』

 

たまの弁護士

『まだ来ていません。』

 

夫の弁護士が送り忘れたのか・・・?

夫の弁護士と裁判官の手元には夫の準備書面(反論文)がありましたが

たまの委任弁護士さんは受け取っていないとの事で

夫代理弁護士さんが

『帰ったらすぐに送ります』

との事で、次回の期日を決めてこの日は終了。

 

え?おわり??

てか、なんかズルくない???

ただのミスかもしれないけど・・・

なんかイヤ・・・

 

つらつら~っと書きましたが、

なにそれ?って単語も並んでいると思うので、簡単に説明します。

 

 

『口頭弁論』と『弁論準備』の違い

口頭弁論はドラマなんかで聞いた事あるかもしれませんが

弁論準備があまり聞いた事がないですよね。

 

違いは・・・

口頭弁論は通常公開で誰でも見れる、

後ろに傍聴席、前には裁判官、真ん中にひとり立たされる

テレビでよく見るあの場所で行います。

 

弁論準備は非公開の場所で話合いをする様な感じ。

調停を経験した方だとわかりやすいですが

調停をした小さな会議室の様な所で

裁判官と夫側と、こちら側で話をします。

 

この弁論準備期日は、口頭弁論と違い

本人は出なくてもいいので、委任弁護士さんにお任せしても良いのです。

弁論期日の前に『準備書面の期日』があり

裁判官に次の弁論期日ではこんな主張をします。

という、書類を作るために

委任弁護士さんと打ち合わせして、準備書面を作る事は必要です。

 

弁論準備期日ってどんか感じ?必ず出席しなければいけないの?

弁論準備期日の当事者の出席・欠席は人それぞれなので

たま の場合は、出席していましたし

夫は口頭弁論以外の弁論準備期日には1度も来る事はありませんでした。

 

裁判所では

裁判官と、夫の代理弁護士さん

たま と たま の委任弁護士さん

での会話になりました。

 

基本的には、

交互に入り裁判官と話をする感じですが

4人で1つの部屋で話す事もありました。

 

夫の弁護士さんはチクチクと小言?(「無理無理」みたいな事)を言ったり・・・

無言でクビを横にふったり・・・

たま は法律が解らないど素人なので、少しズレた事を言うと鼻で笑ったりと

とてもプレッシャーがかかりました・・・

こんな弁護士さんが全てではないと思いますが。

 

他にもこの先の日記の中で

メリットやデメリットと感じる所が出て来ると思うので

感じて頂けると幸いです。

 

まとめ

弁論準備期日・1回目

夫の準備書面が届かないというハプニングもありながら

サラっとおわり、夫の準備書面を待ちながら

第2回目の弁論準備期日を待つ事になりました。

 

つづく・・・

【離婚訴訟日記】夫の準備書面(1)

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です