【離婚訴訟日記】夫の準備書面の真相

【離婚訴訟日記】夫の準備書面の真相

 

こんにちは!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

 

 

夫の準備書面に対しての反論を書く為、真相を弁護士さんに伝えなければなりません。

反論なので相手の悪いと思う所を書いています。

グチグチしているのが苦手な方はご遠慮ください。

そして長いです。

 

関連記事:【離婚訴訟日記】夫の準備書面(1)

夫の準備書面の中にあったLINEついて

夫の準備書面の中にあったLINEの会話については

ほぼ送ってきた物で間違いはないです。

 

ないんですが・・・!!

 

前後切り取っているので

何だか変なニュアンスになっている様な気がします。

弁護士さんに説明した事を書きます。


【なんで婚姻届を先に準備してくれないの。】

正しくは『書いてくれないの?』です。

婚姻届を書く際のエピソードになりますが

夫が持って来た婚姻届の保証人の欄に、まず夫のお父さんの名前だけがありました。

他は白紙。

その夫の名前が無い保証人が書いてある状態で『書いて』と たま に渡してきました。

『なんで婚姻届を先に書いてくれないの?』お義父さんよりも先にの意味も込めてです。

 

【母親が居ない時に来て、父親だけ居ればサインもらえるから(夫)くんには用が足りるのですか?】

私の両親は再婚です。

父の事は尊敬もしてるし、大事な家族には変わりはないのですが

私が成人してからの再婚だし再婚時には私自身もう家を出ていたので

気持ちとしては、母親がいる時に父に頼んでほしかった。

このサインも貰う日も約束した時間に大幅に遅刻し

母がいない時に父親に、自分の名前の書いてない婚姻届を差し出し

『保証人のサインをしてほしい』と頼みに来ました。

(たま と夫の父の名前のみ書いてある婚姻届です。)

突っ込みどころは沢山あったのですが、上記の言葉を言いったのは間違いないです。

 

【給与はどの銀行に振り込まれているのか?】

【給与明細を見せてほしい。】

【銀行から何の引き落としがされているの?】

【子供が生まれてからもカードを使いたい?】

【お小遣いはどれくらいあれば足りる?】

【引き落としや給与明細をなんで1ヶ月たっても見せてくれないの?】

【通勤に使用する車の会社付近に借りている駐車場代はいくら?】

間違いなく聞きました。

今迄知らなかった私にも反省点はありますが、家の貯金を使い果たし

出産費用もない事には、出費を管理する方法しかないと思ったので聞きました。

下記の事も見てわかる通り、夫はあまりお金に困った事がないせいか、

お金の計算すらしていません。

私が働けない以上収入は夫しかないので、管理しないといけないと思い、

2人で出産費用を貯める目標を立て、同意の上で上記は聞きました。

 

【交通費はでる?】

引っ越しを検討する際に、会社と相談し、

交通費と会社駐車場代とガソリン代がでると言う事で

引っ越しを決めましたが、1ヶ月以降はでませんでした。

1ヶ月の交通費にかかる金額が約10万円だったので

約束通り出してほしいと言う気持ちもあり、

どうなっているのか聞きました。

 

【交際費は会社から毎月もらっているけど、スタッフと食事行って○○くんが支払ってオーバーした分は経費で落ちないって事だよね?】

夫は度々従業員を連れて、キャバクラや焼き肉に行って

10万円20万円単位で使った事を話していました。

『従業員と』なので経費でおちていると勝手に思っていたのですが

夫の給与明細の中に『交際費』という項目があったので、何かと聞くと、

『従業員と食事したり、接待でつかったり、かな?』と言っていました。

1ヶ月に1万円もらっている交際費で3ヶ月に1回程行く接待や従業員の食事会は足りるはずが無く、

足が出た分は自腹なのか、経費で落ちるのか聞きました。

 

【休日出勤、手当くらい出してもらえない?】

【出産も迫っているし、不安だから、休日出勤は仕事じゃないなら、休日くらいは出産まで家に居て欲しい。手当も出ないなら、休日出勤して迄やる様な重要な仕事ではないんじゃない?】

私が妊娠してから、会社の方に報告したら出勤日数を減らしてくれるという、

とても有り難いお話があったのですが、実際はありませんでした。

月6日の休みは生活時間が正反対の私達にはとても貴重に感じていました。

でも実際は6日のうち4日は休日出勤で、

月2日の休みも、出産前には減る一方でした。

従業員と鬼ごっこをする日だからという日もありました。

だんだん、すれ違いの生活に入退院が加わり、更に会う時間は減り、

不安から私ひとりが頑張っている様な気になってしまって、

休日出勤を減らせないなら、せめて交通費出してもらうとか(1日3000円かかっていた)

どうしても必要な休日出勤なら仕方ないけど

一緒に居れないなら手当くらい出してもらっていいんじゃない?

って思う様になりましたが、夫は好きでやてるし、

『子供が出来たからって今迄して来た事をできない』とは言えないと言っていました。

 

【旅行の積み立てして楽しみに行っているのに、なんで旅行先で仕事してるの?旅行先で仕事するために3万円も積み立てているなら、子供が生まれたら3人で旅行行く事にお金をかけたい。】

給与明細に旅行費の積み立てがあり、年に3回程あるので妊娠してからも旅行には参加していました。

ちょうど臨月の時に旅行が重なり、私は『今回は行かないで欲しい』と頼みましたが、

ただ旅行に行ってるわけじゃない、引率とかの仕事もあるんだと夫は行く事を決めていました。

行っている間は今迄の経過が不安なので実家にお世話になろうと思い、

前もって実家には、夫は留守中お世話になれるか聞いた事もあります。

 

【たま がベッドで痛みや不安と戦っている時もスヤスヤ寝てる。】

お腹が痛くなって受診した時に、夫に病院に連れて行ってもらったのが、

昼前くらいの時間だったので、夫はいつも寝ている時間でした。

起こして連れて行ってもらったので、寝むたいのは十分承知ですが、

婦人科待ち合い室でソファ1つ独占し横になりイビキをかいて寝ていました。

何度も起こし『車で寝てて良いよ、終わったら連絡するから』と言っても

『病院の方が温かいし車は狭い』といい、その場で寝続けました。

私は痛みが強くなり、看護婦さんがベッドを用意してくれたので待ち合いを離れ(夫には一応声をかけた)

ベッドで横になっていました。

そのまま入院になったのですが『じゃあ帰るねー』みたいな感じだったので、

いらっとして送った1言です。

 

【今月、家賃や光熱費の引き落としできなかったから自分達の貯金から10万円づつ出し合うのはどお?(妻の通帳に10万円入れる様に言われた。)】

強制ではなく、相談の意味でこの文面を送り、後日、夫は入れる事を承諾していました。(証拠LINEあり)

結局入れずに全て私の婚姻前の貯金から支払いました。

 

【夫は帝王切開になるのかなあ?って嬉しそうに言ってた。】

帝王切開が決まったときに第一声が

『じゃ、出産費用安くなるね!保険適応されるんでしょ?保険今からでも入れば保険もおりるし』

って嬉しそうに言っていました。

帝王切開の不安と夫の言葉にショックをうけました。

 

 

 

【たま の事は心配してくてれない、大事じゃないのかな、もしもの事があっても何も思わないのかな。】

帝王切開を不安の思う事の意味が夫には解らなかった様で、

悩みに悩んだ末、このメールを送ってしまいました。

 

【母親(たまの母)の言われても、たまと子供の事、大事だとちゃんと思えないのかな。】

会社の旅行にどうしても行くというので

実家に身を寄せさせてほしいという話

その話が母から夫へ『旅行は諦めなさい』と言う様な形でキツめに言われたそうです。

その後の自宅での出血時に、同じ家に居ながら起こしても起きず私は自力でタクシーで病院に向かって、

診察後母に迎えにきてもらった時の事も母に言われていました。

私の中で、私から言われても解らないなら、少し言われた方がいい薬になると思っていた事は確かです。

その事をふまえても休日さえ夫は家に居ない生活に、この様な言葉を言ってしまいました。

 

【夫は妻に『お母さん(たまの母)に謝らないとと思って悩んでいる』とメールを送信したそれに対して『もし本当に謝る気持ちがあるなら、直接会うお時間ありますか?って聞いてみたら?』】

夫なりに考え、謝らないといけないなと思った様で、上記の様なメールが来たのだと思います。

メールとかで謝るより、会う機会があるなら直接の方がいいと思って言いました。

 

【(私の)母にキツイ事言われた?】

ウチに母が手伝いに来た時に、2人で話すからと言って別室で話していましたので、

内容は解らなかったのですが、気になったので、

必要以上にキツく言われていないか心配で聞きました。

 

【妻が救急に行った事に対して、妻が実家にいるから放っておいていいと思っているの?気にかけるメール1つくらい欲しい。今日も子供の事何も聞いて来ないね。】

結局、出血の時、居ても頼れない事が怖くなり体調が良くなるまで実家に帰りました。

実家に帰って居る時にも腹痛があり救急を受診しました。

受診の帰りに夫に理由をメールし

『本当は行く途中にメールで報告するつもりでいたんだけど、あまりの痛さに連絡出来なかった』と送ると。

『これからも事後報告でいいよ』と言われました。

その後も実家に様子を見に来る事もなく、ただ自分の日々あった事や愚痴を話すだけで、

数日だった頃、急に不安がおしよせ、上記の様なメールを送りました。

 

【私は金銭面の不安、出産の不安、休みの日に夫はいない、他にも色々あるけど、きっと不安ばかりの生活がストレスでお腹の状態がよくないんだ。】

マタニティ本とかインターネットをみると、ストレスはお腹によくないとか、

早産はお腹へのストレスで居心地が悪いと赤ちゃんが早くでたがるとか、

そんな事が書かれている記事を夫にみせました。

それを読んだ日に自分への反省の意味と、夫にもわかって欲しいという思いでおくりました。

 

【○○県(夫の田舎)の風習はわからない。】

この後に、『どうしたらいいのか教えて』欲しいと言う事と

『産後じゃだめなの?』と言う言葉がつづいています。

今迄の経緯で不安に飲み込まれそうな中、

夫から『両親が親族書がほしいから書いて、風習だから』と言って来ました。

親族書は一度、お断りをさせて頂いて、承諾頂いてから家族書をお渡ししました。

親族書を断った理由も、私の家は再婚なので、親族となれば父の再婚前の子供も居るし、

私の実の父も書かないとならず、今、母親に頼めば夫がまた悪いイメージになってしまうと思い、

私としては今それをしなければならない程の重要な風習なのか?という会話からです。

 

【たま が不安を感じて泣いている事は、(夫)くんは何も感じないのですか?帝王切開も不安です。金銭面も不安です。薬をのんでいない不安(たま の持病の薬)もあります。それを伝えても無視って事は、もう関心がないのではないかなと思ってしまいます。】

【結局頼るのが(夫)くんではなくて、(たまの)親になってしまう事が悲しいです。お腹の中の子は2人の子です。】

【(夫)くんの両親からは、援助は受けていません。連絡もありません。】

【ほとんどの事を私の親に頼っているので、親に何も言わないでって事は難しいと思います。】

ほぼ夫がいない妊娠生活に不安を打ち明けられる相手も、

夫ではない両親に言う様になっていました。

それがすごく悲しくて、私から見ると夫は子供がいる自覚が湧いていないという感じがしていました。

夫自らも子供が居る様な感じがしない様な事を言っていました。

夫がやってくれない以上、当時の私の体の状態では誰かに頼るしかなく、

出来ないなら親に頼むからいいよ、

でも出来るのにしない選択で頼る以上、言われるのは当然だと思うという事を、この後に話しました。

 

【インターネットの掲示板にてニックネームを利用し質問投稿している。この内容から、妻は離婚を視野に入れている事がいえる。】

私が投稿していたものだったので、認めます。

夫とは連絡も取れなくなり、今後の生活を不安に思い、

見通しをつけたかった為に質問したのは事実なので

上記の理由と共に、離婚したいという事とか関係なく

『もしも』の話が混ざっていたりはしています。


まとめ

準備書面にはもっと沢山書いてあったのですが個人情報が入っているのでここでは端折りました。

掲示板には結構きわどい質問もしていたので、ちょっと不利になるのかなという感じはありました。

 

そして、この回答プラス、委任弁護士さんからは

LINEの会話をプリントしてもってくる様に言われたので

上記とLINEのプリントを渡しています。

 

つづく・・・

【離婚訴訟日記】夫の準備書面に対しての たま のモヤモヤ準備書面

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です