【離婚訴訟日記】夫の準備書面に対しての たま のモヤモヤ準備書面

たまの準備書面1

 

おはようございます!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

 

 

離婚裁判に関しての引き続きの日記です。

前回記事:【離婚訴訟日記】夫の準備書面の真相

準備書面を書く

夫の準備書面に対しての

準備書面(反論)を書くわけなんですが・・・

まず、委任弁護士さんから持ってくる様に言われたのは『証拠』

ここで言われた『証拠』と言うのは、LINEの会話履歴の事です。

 

たま達夫婦はLINEを取り入れたのが遅かったので

LINEのみのプリント数は600枚程でした。

 

妊婦になってからは、ほとんどの会話が口頭ではなく、

LINEやメールだったので

LINEの約600枚って多いのか少ないのか、わかりませんが

普通に売ってるコピー用紙って1束500枚ですからね。

それ以上の量です。。。

 

LINEから落としたデータは、ただの文字で印刷される為、

(画面で表示されている様な吹き出しの画像ではない)

どちらが何を言っているのか解りづらい・・・

なので

  • マーカーで色分け
  • 夫の準備書面に出ていた会話に付箋

したりして

前後に何の会話があったか、どちらが何を言っているか分かりやすい様にしました。

 

それに加えて、たま が有利になりそうだなーと思うものをチェックしていきました。

あとは前回記事にある様に補足として口頭で

夫の準備書面の真相

の内容をお話しました。

 

そして、仕上がった たま の準備書面はこんな感じでした・・・

 

たま の準備書面(反論)の内容

※わかりずらいので原告→夫、被告→妻で置き換えて書いています。

※個人情報が入って文面もあるので、書いてない部分もありますが全体的な雰囲気でみてください。

 


夫は妻のLINEメーセージを理由に妻との同居に耐えられなくなり別居した旨主張するが

別居直前まで下記のとおり、普通の夫婦としてのLINEのやりとりをしており

婚姻関係に破綻があったとは到底認められない。

 

<日常会話より>

『愛してるよ』

 

『心配されるってどんなの?

 小さい時から風邪の時も肺炎の時もいつもひとりで どうしていいかわからない。

 僕と結婚してよかったと思える様に頑張るね』

『大好きだよ~おやすみ(moon)今日も1日ありがとうね!』

『うん おやすみ♡僕も大好き♡』

 

『今タクシー乗って病院に向かっているので大丈夫です。帰りは迎えにきてほしいです。』

 『病院ついたよ。空いてかたら裏道じゃなくても大丈夫。気をつけて来てください。』

 (そのまま入院になる)

『OK』

 『帰るね。おやすみ。大好きだよチュ~』

 

 

 

<切迫早産入院中の会話>

『たま の事を愛してる。

 たま も僕の事、大事に思ってくれているよね。

 赤ちゃんも僕の事大好きになってくれるかな。

 もうそうそろ消灯かな。おやすみ。』

 

<切迫早産入院中の会話>

『忙しい所ごめんね。ありがとう。書類お願いします。気をつけてね!』

 

<切迫早産入院中の会話>

『(たまの)母と話したの?怒られたって事??何を言われたの?』

『怒られたとかじゃないよ。普通に話しただけだよ』

『なんだって??』

『風習の事とか、話しただけ、おこられたとかじゃない』

『そうか、明日おやすみでしょ?少し話をしよう』

 

<一時帰宅・安静>

『打ち合わせ長引いた。』

『今、赤ちゃんしゃっくりしてる。夕飯を中断してる』

『明日病院12時半だっけ?お弁当作っていく?』

『(夫)くん寝不足になっちゃうから、お弁当はいいよ。

 おにぎりだけつくるから、後は下のコンビニで買って行こう』

『なるべく早く帰るね!』

『がんばってねー』

 

<数時間後・・・>

『ごめん、もうそろそろ寝るね。』

『うん。もう少ししたら終わる。アイス買っていくね』

 

<産前入院中・出産2日前>

『コンビニとかパン屋さんで何か欲しいものある?』

『今食事出たから食べてる。大丈夫だよ。ありがとう。食べ終わったらLINEします』

 

 

上記の様に、夫と妻は普通の夫婦としてのLINEのやりとりがあった。

夫が出て行く直前まで連絡はとりあっていた。

従って婚姻関係が破綻していたとは言えない。

妻は夫が突然別居したため、精神的に大きな苦痛を味わった。


 

顔から火が出そうなくらい恥ずかしい文面ですが

たま の反論(準備書面)は、この様な仕上がりでした。

【離婚訴訟日記】夫の準備書面の真相 を読んで頂いた方は

説明した内容が全く入ってないのは解ると思います。

 

当時 たま は、夫の悪行をもっと暴いてほしい!と思っていましたが

離婚したくない側なので、

真相は言う事ができず、この様な内容になりました。

 

まとめ

今ならなんとなく、委任弁護士さんがやりたい事はわかりますが、

当時は もやもや・・・

 

真相で話した事、証拠LINEの攻撃に使えそうな部分が

何1つとして採用されていない事に、不満や不信感を感じました。

 

結局の所、素人なのでお任せするしかなく

この準備書面を送り準備期日を待つ事になりました。

 

つづく・・・

【離婚訴訟日記】弁論準備期日・2回目

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です