【離婚訴訟日記】和解をするか?反訴をするか?2つの選択肢

【離婚訴訟日記】和解をするか?反訴をするか?2つの選択肢

 

おはようございます!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

前回記事:【離婚訴訟日記】弁論準備期日・2回目

からの続きです。

 

『反訴』とは

次回の弁護士さんとの打ち合わせまでに考える様に言われた事の1つに

『反訴』という選択肢を提案されました。

 

委任弁護士さんが言うには

簡単に言えばもう1つ裁判を起こすと言う事。

 

もう本訴では『離婚したく無い』なんて主張はどこへいったのやら・・・

期日の内容は離婚する事への条件のまとめに入っているので、

離婚をしたくないと渋っても仕方がない感じ。。。

 

前回、弁護士さんから言われ『反訴』の事は調べました。

たま の解釈は『反訴』

本訴(たま の場合、離婚するか否か)に対して

関連する紛争を同一の手続き内で解決させる事。

 

本訴が離婚だけだから本題は『離婚』のみで

付属する問題の養育費や特別費用がかかる事情であっても

申請しない限り『争わない』事になっている。

なので、今は夫側の言った事にのみしか通らなくなっている。

 

納得出来る条件を模索する

離婚するにあたってどんな条件なら納得できるか考えます。

判決はさけた方が良いのだろう。。。なので和解か反訴。

 

前回迄の裁判内容をまとめると

  • 和解をすすめられている。
  • 和解をしないならば判決になる。判決(裁判官が判断した事で全てが来まる事)で決めるならば 離婚は決定し、養育費はなし、特別費用もなし、慰謝料もなし。
  • 親権は たま で決定。

 

このまま『判決』という選択肢は私にはなかったので 選択肢は2つ

 

和解で夫の言っている条件をのむ

  • 解決金50万円
  • 養育費6万円

 

『反訴』して自分の希望を主張する

  • 離婚は受け入れる。
  • 慰謝料(解決金)はいらない。
  • 養育費+特別費用10万円

 

と言って争うか。

 

 

特別費用に関して

養育費に特別費用を含めて欲しい。

もし毎月で上乗せ出来ないなら

特別費用は娘特有にかかった実際の金額の『全額〜7割』で費用を負担してもらいたい。

 

けど今迄の経緯(婚姻中も含め)で『払う』という約束をことごとく破られてきた。

今更、夫の『払う』を信用できないので、毎月の養育費にプラスして支払ってほしい。

 (その方が支払われなくなった時、強制執行しやすいのもある。)

 

 

慰謝料はゼロでもいい。

娘の事だけちゃんとしてほしい。

本当にこれだけ・・・

 

まとめ

ド素人の たま には『選択肢は2つ』と言う事しかわからない。

あとは、どっちの主張が通りやすいか、弁護士さんに聞くしか無いかな・・・?

あと他にもはどんな方法があるのかも聞きたい。

 

弁護士さんとの打ち合わせにまでに辿りつけた たま の回答はここまででした。

意外と決断するってむずかしい。。。

元々、優柔不断ってゆうのもあるけど。

 

自分の事だけならまだしも

娘の今後迄左右されるから安易にはきめられない。

 

つづく・・・

【離婚訴訟日記】和解をするか?反訴にするか?委任弁護士さんとの相談

【離婚訴訟日記】反訴にかかる費用は?

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です