【離婚訴訟日記】和解をするか?反訴にするか?委任弁護士さんとの相談

【離婚訴訟日記】和解をするか?反訴にするか?委任弁護士さんとの相談

 

おはようございます!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

 

調べたり、自分の考えをまとめて

委任弁護士さんとの打ち合せの日になりました。

前回記事:【離婚訴訟日記】和解をするか?反訴をするか?2つの選択肢

 

弱気になっていく気持ち

前回の弁論準備期日(2回目)を終えた後に

『反訴』をするかどうか考える様に言われてから10日程が経ちました。

関連記事:【離婚訴訟日記】弁論準備期日・2回目

 

その後の弁護士さんとの打ち合わせの日です。

当時は弁論準備期日(2回目)でうけた精神的ダメージ大きく

ネガティブになっていました。

もう、お豆腐の様なメンタルな たま は

『慰謝料なんかいらないから養育費だけ決めて、もう終わらせたい。』

と思っていました。

 

離婚裁判は精神的に結構キツいとは聞いていたものの

夫はきっと来ないだろうし、私は有責配偶者ではないし、、、という

根拠のない理由で甘く見ていました。

 

この頃ストレスが原因と思われる

激しい嘔吐と嘔吐後に意識を失う体調不良が続き

最悪の事態(死んでしまっても)なっても

養育費だけちゃんとしておけば娘は食いっぱくれはないし

そこだけはちゃんと後悔無い様に話をしよう。

と思っていました。

今考えると、よくわかりません。

 

それくらい、精神的ダメージが大きかったと言う事です。

自分が全て悪かったとさえ思ってきます。

 

みんなが言ってた『精神的ダメージ』ってこれね・・・

って思っていました。

 

2つの選択肢と疑問

そんな たま が10日かけて考えてきた選択肢は2つ

『和解』か『反訴』のどちらか。

『判決』の選択はありませんでした。

 

  • 和解で夫の言っている条件をのむ。(解決金50万円+養育費6万円)
  • 反訴して自分の希望を言って争う。(慰謝料(解決金)はいらないから養育費+特別費用10万円)

 

<たま の疑問は『反訴』した場合>

  • この条件が通りそうなのか?
  • それとも反訴しても無理そうなのか。
  • どこぐらいまで希望に近づけそうなのか?

が気になる所。

 

 

 

打ち合せの内容

以下、こんな感じのやり取りで打ち合わせをしました。


たま

『反訴したら夫の和解条件(養育費6万円慰謝料50万円)より良くなりますか?』

『慰謝料は50万円でのめるかという事も考えてきたのですが、

反訴するかしないか?反訴で養育費が上がるのか?って所も含めて

考えたくて、先に反訴の方を考えてから、そのお話でもよいですか?』

 

委任弁護士さん

『わかりました』

『反訴はやらないよりやった方が結果は出るでしょうね。

全く何も変わらない事はあまりないと思います。

もしかしたら『解決金』が

早期解決できなかった事で夫側が取り下げる可能性はあります。』

 

たま

『養育費12万円、慰謝料150万円では無理そうですか?』

(ここは委任弁護士さんとの駆け引きで少し高く言っています)

 

委任弁護士さん

『難しいですが、言うだけ言ってもいいと思いますよ。』

『本当はどこ迄下げてもいいの?』

 

たま

(見抜かれてた!!)

『え~っと。養育費10万円、慰謝料100万円ですかね。』

 

委任弁護士さん

『裁判官がね~、、、頭が固そうなので・・・少し下げて反訴しましょうか』

(余談ですが、裁判官は たま より若い女性裁判官です)

 

たま

『先生のご経験ではどこまでなら行けると思いますか?』

『特別費用は養育費に上乗せして頂きたいのですができますか?』

 

委任弁護士さん

『う~ん。何ともいえません。絶対って事はいえませんからね』

『特別費用の証明の仕方次第では

養育費と合わせて10万円行けると思いますが、あの裁判官次第でしょうね』

 

たま

『インターネット検索で見てきた事なので、

素人が言うのは本当に申し訳ないのですが、

上乗せは難しいって事

特別費用の金額の決まっていない様な場合は請求できないって書いてあったのですが、

実例としてはどうなのでしょうか?』

 

委任弁護士さん

『できると思いますよ。』

『なので、反訴にむけて特別費用にかかる費用の証拠を集めておいてください。』

 

たま

『わかりました。どんな物が証拠になりますか?』

 

委任弁護士さん

『今迄、娘さんが入院した時の領収書とか、料金表、診断書とかですね』

 

たま

『わかりました。』

『それと依頼費用の件なんですが・・・

倍かかると聞こえたのですが、実際はおいくらになるのでしょうか?』

 

長くなってしまうので次回へつづく・・・

【離婚訴訟日記】反訴にかかる費用は?

 

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です