娘の発達テストを受けるまでの心の迷い

娘の発達テストを受けるまでの心の迷い

 

おはようございます。

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

娘の発達についてテストをすすめられる

裁判中の出来事の中で1番心が動揺した事が

娘の発達について役所の人から発達テストを受ける様に言われた事でした。

裁判の中で争ったり、直結した事ではないのですが裁判は長い期間かかります。

普段の生活をしながら、弁護士さんの打ち合せがあって、弁論準備期日があって、、、

当たり前ですが、裁判の事だけをやっている訳ではないので

実生活では色々な問題がおきます。

 

その自治体からの連絡を受けた時の状況や心境を含めて書かせて頂きます。

 

※当時の たま が発達障害について全く知識もなく

全く間違った理解をしていた事も含め当時思った事を書きます。

裁判中、反訴をする決意をしてから

娘の発達が遅れているかもしれない事で

『発達テスト』をする様に進められました。

 

テストを勧められた たま の行動・気持ち

最初の電話では、テストを受けること事態に たま自身 が強く拒否をしました

多分、どこかで少し気になっていた娘特有の行動が

テストを受けると決めた時点で

たま自身が『発達障害』だと認める事になってしまうのではないかと・・・

 

それで、テスト点数やプロの目からみて

あなたのお子さんは『発達障害です』と言われた時に

受け止められるか心配だった。

受け止められない心配・気持ちってゆうのは

どんなだったか鮮明には思い出せないけど

自分が今迄してきた育児に自信が持てなくなったり

私のせいだと思ったり

この先、プロの目から見て他とは違う特有な子に、どんな対応をしていいのか、

たま 1人で子育てしていけるか?という不安だったり・・・

結局、娘の特有な部分が、どうのこうのって言うより

自分自身が今裁判で色々傷付く中

結果を受けて、正気を保っていられるかが心配だった。

裁判では結構追いつめられている時期だったので

『なんで今なの?』と自分勝手な気持ちも強かったです。

役所の方から発達検査を受ける様に言われて、1ヶ月悩んだ結果、受ける事にしました

理由は皮肉にも裁判で言っておかなければ

特別費用がかかった時に経済的に困って娘の療育が出来なくなったら、、、

と考えると、今よりもツライと思った事でした。

その思いとは別で、テストで発達障害と言われない様に

『娘は発達障害ではない、きっとできる。』

『発達障害とは違う』

と、たま が思いたいが為に

娘に出来ない事を無理矢理やらせようとしたり

『何でできないの!?』

と怒鳴ったり、厳しくする様になった事もありました。

 

自分の行動が、どう考えても『娘の為』ではないし

何故か、娘を直視できないくらい娘を見ているのが辛くなって

そんな自分の事もイヤで仕方なかったです。

娘への申し訳なさ

夫の母親は障害者を不良品と呼ぶ人で、きっとこの発達の件で何か出たら

夫の親族は娘の事を不良品と呼ぶだろうと思うと胸が痛かったです。

それ迄毎月、夫に一方的に送っていた、娘の動画や写真は撮らなくなっていました。

今迄は送る為に取っていたのではなくて何気なく取っていたのですが

普段、何気なくカメラをむけて撮る事も たま自身 が出来なくなっていました。

発達テストを受ける決意をし

予約を入れてから更に1ヶ月待ちました。

その間が更に地獄の様な日々でした。

反訴をする事できっとなんとか生活できる!と思っていた所に、

2人で生きて行けるんだろうか?

この先どうなるんだろう?

っていう不安を毎日抱えて過ごしました。

 

毎日イライラして、娘にもツライ日々だったと思います。

ごめんね。ゆぴちゃん。

 

これ迄の育児を思い返す

これまでの育児を思い返せば

娘が1歳くらい迄は育児本なんかを読んだりして

『あれ?できないな。』と年齢に合わせたものが出来なくて

何度となく心配したし、色々な所にも相談しに行きました。

でも、発達障害や発達の遅れを指摘される様な事は無かったし

自治体でやってる●歳児検診でも『考えすぎよ』とまで言われた。

ママ友やインターネットの中でも

過剰に心配しているママさんはいるし

きっと、たま もその内の1人だと思っていました。

 

娘の特有の行動は個性だと捉える様にして、

不得意分野はゆっくりゆっくり出来る様になればいい。

大人になればいつかはできる。と思い、

子供それぞれにペースがあるのだから。。。と、当時は思って

育児書は全て見ない事にし処分しました。

テスト当日

あれだけ拒否していたテストが待ち遠しいというか、

結果が解らない事で気が狂いそうになったりしながら

いよいよ発達検査を受ける日が来ました。

それでも、当日、

本当に受けさせていいのか?とういう迷いがあったり

最後の最後まで悩んでのテストになりました。

つづく・・・

娘の『発達テスト』と『テストの結果』

 

<関連記事>

娘の問題行動(1)『家のトイレ以外にいけない事』言語聴覚士先生の回答

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です