【離婚訴訟日記】夫の陳述書の真相

【離婚訴訟日記】夫の陳述書の真相

こんにちは!

裁判離婚シングルマザー たま です。

夫の陳述書の真相

下記、夫の陳述書の内容に対しての真相ですが

同じ内容(主張)が何度も入っているので

前回記事:夫の陳述書

で書いた順番とは前後して書いている所があります。

 

※個人情報の含まれる部分は省きます。

※被告→たま や、妻に置き換えます。

※私と表現しているのは、夫の事です。

赤い文字が夫の陳述内容で、黒文字が たま の思う真相です。


経歴

最初に前回記事にあった通り、夫と私の履歴等がありますが省きます。
その中でも少し引っかかった部分を書かせてもらいます。

たま の学歴

悪意を感じる書き方で、高校卒業ではなく

『大学に進学していません』と書かれていました。

これは娘の進学を想定したくない。面倒みたくない。という

夫の考え方からの主張です。

 

進学を想定するかしないかで関わってくるのは

  • 養育費の支払いが20歳(成人)なのか?(法改正で18歳になる前です)
  • 大学卒業までの23歳までとするのか?

進学に関わるお金の部分で援助するしないの辺りになると思います。

 

たま との婚姻時期はと妊娠が分かった時期

全然違う時期が書かれていました。

ここに意味は無いですが、ただただイラっとしました。。。

 

続いて、離婚決意に至った事柄

交際、婚姻時期にも情緒の不安定さがありましたが、妊娠を機に増幅し、その為、精神的に追いつめられ、仕事に悪影響が現れた。体重は一ヶ月で8キロも減り、健康面で不安を感じる様になった。その為、退院後一緒に暮らす事はできなくなりました。

交際期から、たま は、精神的不安定な部分はあり気持ちが安定する様なお薬を飲んでいましたが、子供に影響が出るのか怖かったので断薬しました。

子供の事は年齢的に焦りもあったけど、断薬をし不安定になる恐怖も夫には相談した上での断薬でした。

この断薬の怖さはお薬を継続して飲んでいる人や断薬した人にしか分からないのは承知です。

不安定になっている時の私のネガティヴさは、迷惑な程である事は自覚していたので、その点も含めて2人で出した答えだったし、支えると言ってくれて、信じて断薬を決意し、たま の身体の都合でありますが、それなりに辛い時期でしたので、話し合いの意味ってなんなのだろうって感じです。

安定してしない事に輪をかけ、妊婦である責任感とかプレッシャー
子供の身体に影響がでたとしたらどうしよう、、、
という、断薬に関係ない部分での妊婦さんアルアルな事で悩んでいた訳です。

それと、夫はメタボ診断を受け(100キロ近くあったので)ダイエットしていました。出て行く1週間前の写真を見ても痩せている感じはしないし、夫の言う『健康面での不安』というのは理解できない内容です。

 

価値観の不一致から、被告は納得しない事には、私に何度でも問い、責め続ける。妻は自覚はないようだが、それにより精神的に追いつめられた。

たま が納得できない事に問う事はありました。
その問う事の何が悪いのかも理解できないです。
責めるというのは、無かったと思います。
納得いく様に、価値観をすりあわせて行くのが夫婦だと、たま の価値観の中では思っていたので、夫が最初からバッチリ価値観が合っていると思っていたのなら、価値観の不一致だったのだろうと思います。

夫の言う通り『責めた』という自覚はないです。

 

お金に異常な執着心。

お金への執着心は人並みにあると思います。
ただ、出産費用と出産費用をカジノで使い果たしていた事により、あと数ヶ月の間に出産費用を貯めなければいけないと言う事で、お金の管理が厳格になったのは事実です。

 

妻は私の返答・行動が納得し得ないものがあれば義母(たま の母)にすぐ伝え、私は妻の母から非難され、暴言まで言われた。

 

そう思われる様な事の思い当たるふしはあります。

でも、すぐ伝えるという事ではなくて一部の不安を相談した事がありました。

その内容は、仕事を辞めた たま に給料を渡さず、生活費がないので、この先、生活ができないかもという内容です。

たま の婚姻前の貯金を切り崩し生活していたし、お給料を渡す渡すと言っては、渡さない夫に

『ベビー用品も揃えられないし、産まれた後、金銭面でどうなるのか?』

という不安を言っても何も答えてくれなかったからです。

断薬と妊婦である事、仕事を辞めた事、全てにおいて不安でたまりませんでした。

その後、もしかしたら母から一言あったのかもしれませんが、当時、母からも夫からもその事実は知らされていませんでした。

もしかしたら、この事ではないかもしれませんが、他にあるとすれば、自宅で出血している私のSOSに応じず、寝ていて起きない夫。母に理由を言って、病院に連れて行ってほしいと電話をかけた時だと思います。

私、私の家族を批判し、私の仕事・給料などについて不満をのべる

結果からいうと、私が聞いていた夫の職業には不満はなかったし、お給料にも不満はありませんでした。家族の事を批判されたというのが、どの部分でそう思ったのかわかりませんが具体的な例がないのでわかりません。

職業を偽っていたので(夫自身の家族にも)聞いてビックリした事、理解が出来ない事への疑問があった事は事実です。

私からの質問や要望には答えないで話を逸らし、自分の主張を言い続ける。

お仕事の件に関して言えば、結婚する報告の時の、たま の両親に紹介した際に何故か嘘の職業で答えたので(たま に嘘をついていた職業とは違うもの)『何で??』と言った事はあったし、更に聞いてみると、たま に話していた職種とも違っていたので『何で??』と聞いた事があります。

『そんな事、嘘をついてどうするの?』
・・・これは たま の中の常識で、譲れませんでした。

その後も夫は
『だって、その方が印象がいいじゃん』
的な事を言ってましたが、夫の要望に応えて良い事ではないと人間として思ったので主張をいい続けました。
『『だって』じゃなくて、今後一切、そうゆう嘘はやめてほしい』
と言い続けた事はあります。
仕事の件に関してだけではなく、嘘をつく事が本当に多く、この嘘というくくりの話では何度か話をしました。

私なりに考えた言葉や行動も『優しくない、大切に思っていない』と叫ぶか無視する。何をして欲しいかと尋ねても『自分で考えろ』と言い捨てられ、声をかけるとうるさいと言われる。話さないと心配してないと怒り出す。(※1)

『何をして欲しいかと尋ねても『自分で考えろ』と言い捨てられ』は
『心配ってどーやってするの?』と聞かれて『そこは自分で考えてよ』と言った事はあります。
『声をかけるとうるさいといわれる』は、お腹が張って痛い時(前駆陣痛)に『痛い時に(夫)くんの今日あった楽しっかた話をされても聞けない。後にしてほしい』と言いました。

そして、前駆陣痛が始まり痛いと言うと、無言で退席してタバコを吸っていたり、横に居てもスマホをいじっていて無言。
『話さないと心配してないと怒り出す。』はこの事だと思います。

何かを決める時には、私に答えを出させ妻は問い続け、その後全て決断した私の責任にする。

出産費用を使い込み、数ヶ月後に迫る出産をどうしようと思っているのかと問いました。給料を渡してと言っているのに渡さない原因が招いた結果なんじゃないかと言いました。

夫が判断して給料を渡さなかった事や使い込んだ事に関して
『出産や生活はこれからどうするのか?』答えを出す様に求めました。
夫は『出産費用はある』と答えました。(完全に目が泳いでて無いのがわかりました)

出産費用だけでなく、何があるかわからないので、今後からお給料は たま に渡す事と、生活は切り詰め、貯金に専念する事を約束しました。(出産した後に『たま が出産費用を貯められなくて困っている』と嘘をつき夫の実母に借りている事がわかりました。さらに、その借りたお金もカジノにつぎ込んだらしく、無くなっていました。)

妻は嘘や隠し事をしていて、ごまかしている事が多い。
預金口座やローンの支払額、勤めていた時の給与。

入院中、通帳やカードは渡していたし、ローンの支払額も言っていたし
給与も言っていた事はもちろん、預けた通帳を見ればわかる事だと思います。

上記の事はLINEでわかります。

訴訟中、提示を求めたが出てきませんでした。

夜勤なので、日中は家事、食事の準備ができました。
私は前職が調理師なので料理が得意です。

私のスケジュールは
12時に起床・昼食の準備・片付け
13時〜 掃除、洗濯、お風呂掃除、夕食の支度など家事全般
16時 出勤
4時頃帰宅 食事・入浴
7時就寝

正しくは起床は14時でした。

たま は悪阻と病院から絶対安静を言われていた時期もあった為、昼食はできる時できる事しかしていませんでした。
夫は文中にもある通り、料理は得意だし好きだから、任せてと言われていたし、ほぼ任せていたのは事実です。
片付けは たま か たまの母が来た時にやってもらいました。
掃除機は、ほぼルンバがやってくれていました。
洗濯と洗面の掃除、アイロンがけは たま がやっていました。
他、大きなゴミ箱からゴミ袋が抜けなかったり、細かい事は頼んでいました。トイレ掃除は たま が気になる時に、母に言ってやってもらいました。

お風呂は たま が湯船でお腹が張り動けなくなった事から、1ヶ月に1度、夫の休みの日に一緒に入る時以外は、お互いシャワーで十分だねって事で、湯船を使う時だけ夫に頼みました。

大体、私は6時に起きて朝食を食べていたので、朝、帰ってきた夫と顔を合わせて、少し話して、夫が寝る。

夫が起きる14時位まではゆっくりペースで家事をしていました。
確かに体調が悪かったり、体の自由が効かなかったので、至らない所もあったかもしれませんが、家事全般をやってもらっていたと言うことはありません。

夫が早く帰って来る時もあり話ができない事もあったので、手紙を書いて、出来事や夕飯の事(冷蔵庫にあるので温めてね、とか、鍋にあります、とか)と伝えていました。少しですが残っています。提出もできます。

検診の日は9時に起き病院の付き添い、送り迎え
夫だったり、両親だったり、とにかく5分と歩けなかったので誰かしらに補助してもらいました。

両親学級にも参加
夫と一緒に行った事もありましたが、両親に運転を頼んで たま だけ行ったり、父と行ったりでした。後半は体調の関係で参加できなくなったりしたので2.3回の事です。そもそも両親学級は数える程度しかないので。全6回くらいでしょうか。

住んでいたマンションの理事会にも参加しました
私は子供が生まれたら出席するのが難しいから無理だと断りましたが、夫が勝手に受けてしまいました。夫は結局1回しか行かず、たま が管理人さんから注意を受け、産後間もないからだで首の座らない赤ちゃんを連れて参加していました。

他、やらなくてもいい事を立候補したりしたりして、とても負担でした。

その様な生活の中、出来るだけ楽しい時間を作りたく、一緒にテレビを見たり、絵本を読んだり、妻が望むベビー用品を選び、欲しいという家具を購入しました。
『時間を作って欲しい』と泣いて頼んだのは たま です。
結局すれ違いの生活と休日出勤ばかりで時間はなく、ベビー用品は たま が自分の貯金から買い揃え、欲しいと言って買った家具というのは夫が新しいベッドが欲しいというので買いました。ベッドが悪いからおきられないとかで、お金のない中、睡眠が取れないなら買い替えようという事で買いました。

それまでソファとローテーブルだった家具ですが、お腹が大きくなるにつれてソファや床から立ち上がれなくなって、不便そうに思った父がこれで買いなさいとお金を渡してくれたので近くの家具屋さんで購入したのみです。

妻や義母にはコミュニケーションをこまめにする様に、お互いに歩み寄り理解しあう様に言われました。しかし、妻が話したいのは、生活の不満、私に対する不満、特に給料(手当や交通費など)や休日出勤について、または私は優しくない、大事に思ってないと、時に大声で、時に泣きながら不満をぶつけてきました。

コニュニケーションが取れる時間が欲しいというのは、私からは言いました。義母から言われたは知りません。夫の主張にあるように、時間を取っていればコミュニケーションの時間がどうとか言う問題ははなかったと思います。

お給料の件は問いました。内容は『渡さない事』と『交通費』の話です。
1ヶ月内、休みは8日。その内、休日出勤は6日。
出産までと産後3ヶ月位までは休日出勤なしにしてもらう様に言いました。夫は、ただ『社長に聞いてみる』だけで結局休日出勤していました。社長に話をしてないのか?無理なのか?それもわかりませんでしたが休日出勤は続きました。『聞いてくれたの?社長は何て言ってた?』交通費の件も『全額支給するって言っていたのが入っていないって聞いてみた?』と聞きました。きっと嫌だったんでしょう。

それに加えて、脱税に関与している事がだんだんわかってきて
それをまずやめて欲しいと言いました。

妻は、私を嘘つき、ルーズだと言いますが、給料は全額妻に渡していました。なのに、金遣いが荒いと言い、お金は領収書をだ出さないと渡してくれません。

重複しますが、ここまで争いに給与を渡さない事が出て来ていなかったのに『給料は全額渡していました』という事自体、渡してない人に言う事ですよね。嘘つきとは言っていませんが、前半の方で言った通り、嘘はやめようと言う話はしました。領収書の件も出産費用を貯めるために厳格にすると夫との話し合いで決めました。ルーズ、お金使いが荒いのは思っていましたが口には出していません。でも夫自身、出産費用を使ってしまった事、また、借りたお金も使ってしまった事に対して自覚があったと言う事なんじゃないかなとこの文面を見て思いました。

また、私の給与明細、支払っているものを義母の前で開示させられました。さらに、義母からは、私の貯金(婚姻以前から貯金で出産費用にと思っていたもの)を被告に全て渡す様に言われました。信用出来ないから渡しなさいという理由だそうですが、さすがに拒否しました。

どんな話の流れでそうなったかわかりませんが、その様な事は夫からも母からの聞かされてないし私の事ではないので真実はわかりません。

妻は私に対して隠し事が多い様に感じており、妻の体調を考え、何より聞いても答えてくれないと思ったので聞きませんでした。

隠し事はしていなし、結果聞かなかった事を今言われてもわからないです。

妻は特に交通費に関して、交通費は会社が全額支給すべきものという考え方でした。しかし、会社の規定は、上限3万円、実際には9万円かかっていました。引っ越しした事で会社までの通勤距離が長くなった事、
家事をギリギリまでし、少しでも妻のそばに居たいと思ったので、通勤は高速道路を利用していた事、それに伴いガソリン代がかかる事、会社の駐車場のないので駐車場代もかかっていました。会社側で全額支給しなければならないという決まりはなく、少しでももらえるならいいのではと言っても妻は絶対に理解しませんでした。

引越しを考えていた当時は現在引越しした場所に配属される予定でした。本社にも行く事もあるので、その件も含めて、引越しを決めました。
夫から聞いた内容は、本社でも配属先にも関わる事なく交通費は全額支給されるとの事で、話が違うのでどうなっているのかは聞きました。
交通費は夫の主張では3万円が上限だったと言っていますが、その3万円も一度も支給された事はありませんでした。全て自腹です。
私の方からが、ゼロでは困るから3万円くらいは無理なの?と聞いた事はあります。給与明細が残っているので交通費が支給されていない事で
この主張が虚偽である事は分かると思います。

それと、確定申告は会社ではなく自分でしなければいけない会社だったので、領収書を確定申告で使うから会社に渡さないで私に渡してほしいと話ました。

通勤交通費はいつも口論の原因の1つでした。私は専務ですが、社長に改善してもらえる様に相談し、全額は厳しいが考慮すると約束してもらい、その事について妻と義母からそんな会社辞めてしまえと言われ続けました。この会社は社長と私の同僚と私が●年前に立ち上げて一生懸命築いてきたものです。辞めてこれから定職を探すのは困難であり、生活費が足りないとさんざん責めるのに、再就職をしたら明らかに給料が減るのに、どうやって生活するか疑問でした。

生活費が足りないのではなく、生活費にいっぱいいっぱいで出産費用が貯めたれないとは話しました。実際、私が働けなくなったことで足りない事はありましたが、交通費が改善されるまで たま の婚姻前の貯金から補っていました。交通費さえ出してもらえない専務って たま は聞いた事がありません。父も専務でしたが、社長と同じくらいの権限を持って、対等に好きにできる立場と解釈がありました。たま の勝手な解釈なので一般的にはわかりませんが。。。

『会社の脱税に加担するのは辞めてください。』とは言いました。

休日出勤の事を含め『会社をやめればいいのか?』と夫に聞かれ『会社を辞めて欲しい何思っていないし、(夫)くんが仕事をやめたいと思うなら、『やめないで』とも言わない。ただ、これから子供が生まれてくるんだから、生まれて少し落ち着いてからにして欲しい。私が働けるようになるまで。』と答えました。これから子供が生まれるのに『辞めてしまえ』なんて言うわけがないです。

たま 的には、脱税に関与している事は譲れない所で、脱税への加担を辞める事で会社がクビになる事は覚悟の上ではありました。個人的なのか警察に数回にわたり振り込みをしたりと怪しい行動もあtたり、会社の電話でもないプライベートの携帯の電話番号や、顔写真もネット上に出されて、、、独身ならいいけど、そうゆうのも子供の色々な事に関わってくるから、会社の携帯を持たせてもらうとか、写真の掲載を辞めてもらうとか、できないのかお願いしました。

夫の職業は一般的には良いイメージではないので、嘘をつくとまではしなくても、そうゆう身バレするような事は辞めて欲しかっただけです。

母の事がまた出てきますが、たま は聞いた事ないし、実際の所は本人ではないのでわかりません。

休日出勤なども、何に対しても手当が付く付かないや、引かれる経費が高い、タダで仕事をしてバカじゃないのかと妻と義母に責められてきました。同じ年の社長と同僚の3人でやってきた仕事です。お互いに助け合いながら今迄がんばってきました。私なりにがんばって続けてきた仕事を、これからは家族を支える為に否定され、むなしくなりました。

母の事は、この中書いてある事全て確認をとりましたが、言った覚えはないと言うので、実際の所はわかりません。

たま は、給料から引かれている経費5千円わからず、夫から説明を受けた時にトイレットペーパー代だと言っていましたので、その答えに対して、冗談で『高いトイレットペーパーだね。笑』と言った事はあります。今までの会社で たま はトイレットペーパー代を会社から徴収された事が1度もなかったので。。。

無給の休日出勤で交通費は自腹。『それって本当に仕事なの?』と聞いた事あります。この問いは、自分で希望して行ってるんじゃないか?と思ったからです。その休日出勤の中でも
『今日は従業員と商店街で鬼ごっこをしなければいけないと朝5時集合だったり』
『明日は僕の誕生日パーティーがあるから、カレーを作っていかなきゃいけないと30人ほどの材料と業務用の鍋で作って早めに出かけたり。』

仕事も手につかなくなり、上司からも心配され仕事を減らしてもらう等
配慮していただきました。

帰り時間も変わらないないし、休日出勤も減りませんでしたし、減らしてもらっている様には思えませんでした。

私なりに妻に気を使い『大丈夫?』と声をかけていましたが、はなしけると『放っておいて』と言われ、そっとしておくと『心配してない』『どうでもいいと思っている』と言われました。お腹が張り、苦しい時に答えられるわけないでしょと言われたり、落ち着く迄待っていると『心配していない』と怒ります。

(※1)と同じ。

どうしたらいいのかわからなくなり、
私は精神的に不安定になって行きました。

相談はありませんでした。何も変わりもなく気づきませんでした。出て行く1週間前には、夫の主張でこれだけ登場する母がこれから来ると言うのに、会社に遅刻しても待つといい、母が連れてくる たま の妹を待っていました。

ストレスが貯まり続ける中、義母からは
『常識の無い人』
『今まで会った中で1番最低な男』
『子供は実家で育てるからいなくていい』
『出て行け』
『顔もみたくない』
『自宅にも妻の実家にも2度とくるな』
と怒鳴られました。
それまで、ずっと、妻や義母に色々と言われ続けてきましたが
その言葉で心が折れました。妻はそれを傍らで聞いていて、怒鳴られて当然という感じでいました。私自身、全てを拒否されたと感じとてもショックでした。

私は本人ではないのでわかりませんが母は口が悪い事は事実です。
この事は調停の時にも聞かれたので、母に確認しましたが『言っていないと』と言っていました。証拠の提出をお願いします。私がいる時に目の前で言ったとすれば、母も私も言った事実はないです。

妻は無理に家事をしなくても良いと言いましたが、義母が私の留守中に自宅に来ると家事をして行きます。そして、私が家事をするのは当たり前そのくらいできなくてどうするのと言います。

その様な会話をいつしているかが疑問です。家事をされるのが嫌と言われたり、この陳述書の中でも、夫が家事を全部やっていたと言ったり、今度は母がやっていたと言ったり、矛盾していると思います。

私の具合が悪く朝なかなか起きれない時もいつまでも寝ていないで家事や妻の世話をしろと怒りました。
遅くまで寝ている事も家事をしていない事も認めているし、何が言いたいのかわかりません。やってもらっているなら、感謝すべき立場だし、
自分がどうしたい(母に協力を求めようという話だったが手伝って欲しくなくなった。や、昼食を作るのが負担だからどうにかしてくれ、など)なんて一度も聞いた事がありません。

私の両親についても妻の当てた手紙やメールの内容についても
『何も分かってない人達、何もしない人達、息子の妻や胎児の事を思っていない』
『そんな親だから息子も常識なく育ったのだ。顔合わせの時にも人柄や価値観に違和感を覚えた』
『産後も病院に来て欲しく無い、子供に会わせない、夫の実家には行かない。その義理もない』
など、妻や義母から侮辱され続けました。私の両親は遠方なので妻の実家とは違い世話等やれる事はなく申し訳ないのでと田舎の野菜や米、お金を送ると言って来ましたが、断られました。

義母から田舎の風習なんか知らないので、勝手にされても困ると断られました。
何もできないので申し訳ないと言う気持ちで送ろうとした両親も傷付いた様でした。

言った事はありませんし、実際母からは言われたかはわかりません。メールでのやり取りなのでしたら内容を見せていただきたいです。実際、夫の両親は夫が蒸発しても病院まで来て、父親の方は赤ちゃんにミルクをあげたり抱っこしたりしていました。夫は蒸発し私も入院中という事を知りながら、住んでる家を帰りがけに見に行きたい等も言っていました。

夫(息子)にお金を貸している事もこの時に聞かされました。

夫が言っているのは、きっとあの時の事だろうなという似たような話はあります。

切迫早産で入院した時(出血)は本当に怖かったし、そこにオムツを送ってくる気持ちは正直分かりませんでした。まだ1700gだったので、その小ささから出産経験がある人が、何故、危険さがわからないのか?理解ができませんでした。退院してから絶対安静の指示を受ける様になっても、何の連絡もなかったし、悲しい想いはありました。『(夫)くんの両親も何も思っていないのかな・・・』と言った事はあります。

野菜は夫のおばあさんの所の畑で作っているそうで、夫の母からは直接
『お礼は遠慮なく頂くから送ってね。ウチの分だけではなくて、おばあさんの所の分もね』と言われていたし『洗剤とかそんな物より、東京の銘菓がいい』とも言われていました。『足りなくない様』という意味なのか、家族構成まで(同居人数とか)伝えられました。野菜を送ってもらう事もコニュニケーションに一部だと思っていましたので、断る事が出来ず、お給料を渡さなかったり、出産費用にない中、白菜や大根、漬物、米に対して、量的に5000円近くするものを返すのはとても家計を圧迫していました。(たま の婚姻前の貯金を切り崩している状態だったので。)夫にも角が立たない様に、食べ切れないから少し頻度を落としてもらおうと言いました。

夫は たま の遠回しな言葉が理解できなかったのか、もらえるんだか貰えばいいじゃん、僕は田舎の米以外は食べたくない。と言ってお米だけにして、なくなったら送ってもらうように連絡するんじゃダメなの?と提案しても納得しなかったようです。

『風習なんて知らない』と言う言葉を言ったのは私です。
夫は『親族書』というものを書いてほしいと言うのを執拗に言ってきて、ウチの親は再婚だから、親族まで書くなると、再婚した今の父の子供とか、実の父とか色々書くのは難しいから『家族書』にしてほしいとお願いしていました。それでも、何度も『親族書』をお願いされました。その時に『風習って人の気持ちを傷つけてまでしないといけない事なの?私の地域では風習なんてないからわからない。』と言いました。
夫はそれでも書く様に言って来ましたが、(夫)くんが親に断る事ができないなら、私が書けない理由とお詫びとともに(夫)くんの両親に直接電話します。と言って夫は納得していただきました。その時、夫の両親は快く『家族書で大丈夫』と言って頂きましたが、その後も2回にわたり『夫の親族書』が実家へ郵送されました。『母に言われた。』とあるので、実際の夫の実家とのやり取りはわかりませんが、私からはその様な理由で言いました。

お金の話もわかりませんが、何のお金なのかわかりません。
何のお金かわからないのに受け取る人は少ないと思います。

田舎の風習だと言われる割に、遠い事を理由にやれる事がなかったから、やらなかったと言われても納得ないきません。

それが夫の両親はお金で解決しようと思って、たま の両親にお金を送る事で解決しようとしていたならば、母の性格からは断ったかもしれないです。憶測の話で、そんな話も聞いた事もないのでわかりません。

更に妻は私にも、『出産しても病院に来なくていいし、退院後はすぐ実家に行くので仕事だけしていればいい』といいました。このころ、自宅に帰るのが怖くなり体が震え、帰宅中の車の中で交通事故にでもあったら楽になるのではないか等考える様になりました。

夫に立会い出産するかどうか聞くと
『何時間かかかるの?』
『時間かかるなら家に帰って休んでる。それか、仕事行ってるかもしれないから生まれたら連絡して』
と答えました。とても悲しく思いましたし、腹がたちました。その時には怒った態度にもなりました。

帝王切開が決まり、日取りを単純に仕事の休みだからと決めた日なのに
『(赤ちゃんを)待つ時間があるなら、仕事をしたい』と言うような事を言ってました。赤ちゃんを心待ちにしている感じではなかったので、
『楽しみじゃないんだね、、、それだったら来てもらわなくていい。仕事していれば?』
と言ったのは事実です。気持ちは来て欲しいに決まってますが、もうスネてしまって、来て欲しいと言う気持ちにはなれませんでした。

妻が入院する前に妻と話をする時間を作りました。妻は私が何も理解しておらず、非協力的であると言い、私はどうすれば良いのか聞いても答えてもらえず、それでは私はいなくてもいい存在なのか、義母の言う様に私は居ない方がいいのか質問しながら、あまりにも切なく涙を堪える事が出来なくなってしまいました。
それを見て妻は、泣きたいのは自分だ、苦しいのは自分だ、なぜ何もしていない者が妊娠の辛さもわからないのに泣くのか理解出来ないと言いました。私は何故そこ迄言われなければならないのか悲しくなりました。

この話をする時間をとってくれたのは入院前日の仕事に行く前の時間でした。夫は夜勤なので、帰って来たらすぐ入院に向かう日なのにも関わらず、入院の書類(朝一で窓口で出す書類)に目も通していないし、サインもしていませんでした。その時『協力してください』と言いました。結局次の日(入院の日)朝確認してもサインはしてありませんでした。何故、サインをするだけの事ができないのか?妻が手術室で無事でいるか?子供は無事生まれるか?気にならない事を悲しく思いました。
コレだけ伝えての何故何も思えないのか?
母に何を言われているかは知りませんが、この陳述書でも言葉にしていない事を私に理解してくれと言うますが、私にコミュニケーションの時間も取ってもらえず、何がイヤだったか言ってはくれないので、わかりません。

この様な生活がずっと続くのかと思うと私自身、心身ともに壊れてしまうと感じ自宅を出る事を決意し、妻にメールを送りました。妻からは会って話がしたいと連絡がありましたが、私はこの時すでに妻と会う事、自宅や妻の実家に近づくことも怖くて、精神的に耐えられそうにないと感じていました。実際、妻からのメールが届くだけで私の身体が硬直したのを覚えています。よって、会って話すのは困難だと伝えましたが理解してもらえず、今迄の態度、会話やメールでのやりとりから妻は私の話は聞かず、理解してくれないだろうとおもいました。

メールが来たひ日は入院していて、娘が生まれる前の日でした。
帝王切開で高リスクの為、その前の日から入院していました。
たま は点滴やお腹周りの色々な機械をつけたれた状態で『ひとりにさせて』と言うメールを受け取りました。もうすでに、前駆陣痛がかなりキツかったし、今まで出来事はなんだったのだろう、、、と、頭の中が真っ白で脱力してしまい、文字を打つ気にもなれず、ただただ涙が流れるだけでした。

もう一度言いますが、産前か生まれてからメールしてを送った様に書いていますが、出産を次の日に控えた状態です。

会うとか会わないの問題ではなく、子供の顔を見に来て欲しい、子供の顔を見れば気持ちが変わるんじゃないかと思い、連絡をとる手段を探しました。携帯電話通話を許されない部屋だった事や、機械に繋がれていて移動できない事から、まず私の両親から夫へ連絡取りましたが取れず。
私の両親→夫の両親→夫で連絡を取る事にしました。色々ありましたが、結果『何故出て行ったか、今どこにいるか聞かないなら行かせてやる』と夫の両親から言われたと、両親もさぞ腹立たしかったと思いますが、『お願いします。』と伝えてくださいとお願いし返答して頂きました。

出産の日に皆と一緒に2時間くらい来て帰りました。たま も約束通り、『何故出て行ったか?今どこにいるか?』を聞きませんでした。『会って話したい』と連絡したのは1ヶ月後くらいだったと思います。

『1人にさせて』と言う言葉に、少し落ち着いて考えたいと言う気持ちと、離婚したい事は感じなかったので、極力連絡しませんでした。連絡した事は”無事、2人で退院できた事”や、娘の名前の事など。(連絡しても『勝手につけろ』でしたが)娘の名前くらい知っておいた方が良いと思って(ゆぴ)と言う名前で届け出を出します。とか、ほとんど一方的な連絡事項と、生活費の事でした。夫の生活費は『3万円払えば十分だと弁護士に言われました。』とかまた嘘を言って(全然妥当ではない金額)『反論するなら振り込まない』や『俺の金当てにしないで生活保護受けろ』『お前が納得しない以上、こっちは何度も弁護士に相談しに行かなきゃいけない。費用の負担を考えろ』など、、、私に対して”怖い”と言う感じではなく、攻撃的な文面で体が硬直したとは、到底思えませんでした。メールは残っているので提出可能です。

『会って話したい』と言ったら、会いたくないと言うので、とりあえず、弁護士さんに相談しているなら、弁護士さんと話すから連絡先を教えて欲しいと言っても上記の様な攻撃的な文章が返って来るだけでした。

それと、いつまでひとりにしておいて欲しいですか?と聞いたりもしましたが『会いたくない』や、無視が続き、私の方から『会いたくないと言うのは離婚したいのですか?』と聞くと『お前が決めればいい』と言うので、『離婚したくない』と言ったら『わかった』と返信がありました。そして、生活費の話のやり取りになったら『調停を申請します』と言う回答が返って来ました。

それ以降は何の連絡を送っても無視でした。厳密に言えば、離婚をしたいと夫からは言っていない状態でした。出て行った理由も会って話そうと思ったので聞いていません。

『調停も申請します』と行ってから2ヶ月は経っていました。
その間は生活費ももらえていなかったし、初めての子育てで精一杯なのと、調停なんてやった事なかったし、どんな流れかもわかりませんでした。どう事を運んで良いかわからなかったので、調停で話が出来る時を待つだけでした。この先どうなるかわからず、何故出て行ったのか分からず、夫がどうして欲しいのかも分からない。そう言う意味では、早く調停で明らかにして欲しいと願っていました。

実際、妻は、私が別居し離婚したいと思っている事について原因を理解できないと思います。私が勝手に自宅を出て行った、自分が裏切られたとしか思っていないようです。妻は自分の主張しかせず、こちらの問いに答えてくれません。私が妻の母から受けた精神的な苦痛は、本人達からすれば、言われて当然と思っている様です。

理解できていませんでした。言われていないし、聞くなと夫両親から言われて、聞けばこじれると思いましたし、早く帰ってきて欲しいと願っていましたので、ひとりになりたいなら時間をあげたほうが気持ちもスッキリして再スタートを切れるんじゃないかと思っていました。

問いには答えているのですが、理解ができないようです。なので説明を重ねるのですが、それが たま の主張しかしていないと思われていたようです。たま からの精神的苦痛は別として、母から受けた精神的苦痛と言われても、たま に相談がなかった以上どうする事もできません。調停では”母と会わない環境を作り、会社の近くに引っ越す”と言う提案も却下され、こちらもどうしていいか、わかりませんでした。

妻の妊娠がわかり、私なりに努力し耐えてきました。それは妻とこれから産まれてくる子供の幸せを思っていたからですが、私を嘘つきと呼び私を責める妻に私はどうしても耐えられなくなりました。

否定ましませんが、努力し耐えてきたのはお互い様だと思います。今となっても、やはり話合いの時間が取れなかった事に原因があると思います。
子供の幸せを思っていたとか言いますが、子供にはこちらからお願いしないと会わないし、面会交流も要らないと言うし、親権も要らないと言われ、その言葉は素直に受け取れません。
必要のない嘘をつきトラブルになった事で怒った事はありますが、責めたのは出産費用を使い込んだ時くらいです。譲れなかったのは脱税への加担と休日出勤で話す時間が取れない事です。

別居当時、今後の事を考え、他に選択肢はないか随分と悩みました。会社の上司、両親、親戚にも相談にのってもらいました。何とか私自身の心を立て直す方法はないか悩みましたが、その頃は私の気持ちはもう限界でした。

蒸発当時の状況から両親が何かを知っていたようには思えませんでした。上司は、今までの経過からそんな親密な関係で何でも言い合えるような関係でもないと思いますし、相談に乗ってもらった結果、解決策がないなんて事はなかったと思います。

”話す時間を作り、伝える、解決策を2人で見つける。”
普通の夫婦が普通にしている事です。そのやり方に夫が抵抗があるなら、違うやり方を定時すればいいし、何もしないで自分の思い通りにならなかったから逃げるみたいな事は、納得行きません。

離婚を選択し復縁の意思はありません。妻、妻の母からの侮辱行為は忘れる事も許す事もできません。妻は鬱病にかかり、日常生活にも多くの援助が必要で労働不能との事ですが出産後、車を運転していました。長いLINEやメールも送ってきていました。

(別居から裁判当時、とても病んでいました)
子供の難病がわかる前、車で病院まで行ったけど、とても危険な行為だったとメールした事がありました。それを養育費を減らすための稼働能力証明に使われるなんて思いもしませんでした。

また、特にお金に関していろいろな手続きを私以上に調べていました。
家計の管理も細かかったです。精神活動能力が低下しているとはとてもおもえません。

元々、大雑把にするのが苦手なので、家計簿は細かいのは認めます。
出産費用と貯金が全て使われて、必死だったと言うのもありますが、精神活動能力の低下というより、不安によるこだわりが強く出たのだと思います。お金があるのに貧乏だと思い込んで不安な症状になる人もいます。(ナイ●イの岡●隆史さんがそうだった様です)精神活動能力の低下とは一概には言えません。人それぞれだと聞いています。出産の前に帝王切開が決まり、帝王切開後は自分が動けなくなると思っていたので帝王切開したら、どんな手続きをすれば助成を受けられるのかとか紙にまとめて夫に渡した事があります。手術の時も書類にもサインもない目を通してくれない人だったので、異常に見えたのでしょう。仕事が忙しい夫に負担にならないようにと思ってした事ですが、全て異常な行動だと思っていたんだとこの陳述書でわかりました。

まとめ

今読み返して見ると、私お金への異常な執着心。

とか言われますが、よっぽど夫の方が執着心が強いなぁと思います。

全て、否定的に感じになってしますが

結局これが価値観の不一致なのでしょう。

 

すごくすごく長い文章になってしまいました

最後まで読んでいただいてありがとうございました!!

 

尋問へつづく・・・

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です