離婚届の手続きと注意点

離婚届の手続きと注意点

こんばんは!

裁判離婚シングルマザーの たま です。

 

離婚届けを提出する時の

有効期間や注意点についてまとめてみました_φ(・ω・`)

 

 

 

離婚には大きく分けて

  • 協議離婚
  • 裁判離婚

があります。

 

実際に離婚届に書く項目は・・・

 パパとママの

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所登録をしている住所と世帯主
  • 本籍と筆頭者氏名
  • 父と母の名前と続柄
  • 離婚の種別(協議なのか調停なのか、など)
  • 婚姻前の氏のもどる者ともどる本籍地と筆頭者
  • 親権をもつ子の氏名
  • 別居期間
  • 別所前の住所
  • 別居する前の世帯の主な仕事とパパママの職業
  • 届出人の署名・捺印
  • 証人2名の氏名・捺印・生年月日・住所・本籍(協議離婚のみ)
  • 養育費と面会交流を取り決めたか否か。

 

協議離婚とは

 

簡単に言うと

パパとママが話合いで決める離婚です。

時期や出し方も人それぞれで夫婦間で自由に決めて

全てパパとママで決めていきます。

 

離婚届を市役所に提出した日が離婚成立日となります。

 

パパに提出を頼んで

『実は出してなかった!』

なんて場合もありますので確認は必要ですll゚Д゚;乂)

 

 ※不受理届けを出していたママは市役所に取り下げにく必要があります。

※離婚協議書は公正証書ににしておいてくださいね!

 

裁判離婚とは

 

調停・審判・和解・認諾・判決

といった法的機関で離婚が決まる離婚の事です。

時期は確定や成立した日から10日以内に離婚届けを出すのが原則です。

離婚届を出す際には裁判所から送られてくる書類を一緒に提出します。

離婚届に相手のハンコとか証人のサインがいらないので

(提出者の印鑑は必要です。)

裁判所で作成された書類が同意の証明になります。

 

成立しているのに

『パパがなかなか市役所に提出してくれない!』

って場合は期限がすぎたらママから届け出を出す事もできます(*´∀`)b゚

その場合は弁護士さんか市役所に相談してみてくださいね。

 

 

10日以内の提出期限を過ぎたらどうなるの??

 

提出期限がすぎてしまうと

『罰金が課される事がある』

って書いてありました。

 

『10日もあれば行けるっしょーd(d’∀’)』

って思っていた たま ですが

この10日の期限過ぎてしまいました・・・

『確定や成立した日から』と書いてありますが

実は話がまとまった日が、確定・成立した日になります。

 

弁護士さんに委任していた場合

確定・成立した日から裁判所が書類を作成し始め

担当弁護士さんに送り

担当弁護士さんからママに送られて やっと手元に来ます。

たま の場合

到着した時にはすでに9日が過ぎていました(๑⁺д⁺๑)

 

10日って結構タイトなスケジュールです。

1人で家事・育児・仕事をこなすシングルマザーには

尚更タイトだと思います。

 

その後どうなったかというと

たま の場合は罰金などはなく済みました!

 

書類に過ぎた理由を書いたり

市役所の人に事情を説明したりしただけでした(´∇`*)

不純な理由で遅れると罰金が課される事があるようです!

 

必要事項・苗字

裁判最終日には、どちらの苗字を名乗っていくのかも聞かれます。

迷っている場合は、その旨伝えれば空欄にしてくれますが

市役所に離婚届を提出する際には決めておかなければなりません。

 

パパが提出しに行く場合は

裁判最終日までに決めておく必要があるかもしれませんね。

 

名前の事は

お子さんの学校とか考えると色々悩む事はありますよね。。。

たま も結構悩みました(-ω- )

 

個人的には

旧姓に戻すのは後からできるのはできるので

迷っている方は無理に移さない方が良いと思います。

そのままパパの姓を名乗って行きたい場合は

市役所へ3ヶ月以内に離婚時の氏を称する届けが必要です。

 

提出先

 離婚届を提出する場所は、基本的には市役所。

市民センターで受け付けてくれる地域もあります。

 

 できるだけ少ない回数で手続きを済ませたいと思ているママは

市民センターでは出来ない手続きもあるので注意してくださいね!

 

注意点

裁判所から市役所に提出する書類は1通しかありません。

パパかママどちらかに送られてきます。

 

どうやって決まるのかというと

調停や裁判を最初に起こした(本訴原告)人に通知が行きます。

 

本訴原告がパパの場合はパパが書類を受け取り離婚届を提出します。

そのままパパの苗字を名乗りたいママは

ママが提出する場合より一手間必要になります。

(婚姻中パパの籍に入っいて離婚後が子供と一緒の戸籍に入りたい場合)

 

持ち物

  • 離婚届の用紙(協議離婚の場合は、離婚届に成年の証人2人の署名押印が必要です)
  • 戸籍全部事項証明書(謄本)1通(届出先が本籍地の場合は不要)
  • 裁判離婚(調停、審判、和解、認諾、判決)は調停調書、審判書、和解調書、認諾調書、判決書の謄本及び確定証明書
  • 届出人の印鑑
  • 協議離婚の場合は本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

 

まとめ

 親権者をママにしたからと言って

勝手にお子さんがママの籍に移籍はしないので

離婚後に家庭裁判所の許可をとる手続きをした上で

入籍届け』という別の手続きが必要です。

 

他にも手続きは沢山!!

できるだけスムーズに済ませたいですね!

役所で出来る離婚時の主な手続きに一覧にしてありますので是非参照してください。

関連ページ:役所で出来る離婚時の主な手続き一覧

 

 

※ちなみに離婚が決まれば戸籍にも裁判離婚とか調停離婚とか

どのように離婚したかが載り再婚の時やお子さんもみれる事になります。

 

 

★最新オールカラー版 これだけは知っておきたい 図解 離婚のための準備と手続き 改訂4版★

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です