【離婚が認められる5つの理由(2)】悪意の遺棄とは??慰謝料相場と実例

離婚が認められる5つの理由,悪意の遺棄

こんばんは!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

合意して離婚する分には理由は何でも良いのですが

一方が『離婚したくない!』と言えば争う事になります。

裁判になると協議とは違い

理由は関係なく何でも離婚できるって訳ではなくなります。

裁判で『離婚したい』と主張する時に認められる理由は5つあります。

 

その5つの理由とは

  1. 浮気・不倫(不貞行為)
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない事
  5. その他婚姻関係を継続しがたい重大な理由

(引用元:民法第770条) 

 

万が一、理由が無い場合でも

上記の理由になんとかこじつけて

5つの1つを主張していかなければ認められません。

 

離婚したくないのに、相手が

『離婚してくれー』

と言うだけで離婚出来ては困るからです。

 

その為、言葉だけではなく

第三者が納得出来る様な客観的な証拠が必要です。

 

 

離婚事由『悪意の遺棄』について。

あまり聞き慣れない言葉で

この言葉自体『???』の方も多いはず。

主観も交えて説明してみます。

 

 

悪意の遺棄とは

婚姻関係にある夫婦間の義務である

『同居の義務』(一緒に住む)

『協力の義務』(協力し合う)

『扶助の義務』(助け合う)

に対して違反をした場合。

 

例えば)

  • 何も理由がないのに同居を拒み、別居状態にあるのは、同居の義務違反にあたります。
  • 妻が専業主婦をして、夫は働いているのに、夫はお給料を一切、家に入れてくれないのは、協力の義務違反にあたります。
  • 妻は専業主婦でありながら、全く家事をしない、掃除もしない、仕事も家事も全て夫がしている場合は妻が扶助の義務違反にあたります。

 

『悪意』と『遺棄』をバラバラで説明すると

『悪意』→夫婦関係の破綻をもくろんだり、破綻をしても構わないという気持ちをもって

『遺棄する』→義務(上記の3つの義務)をおこたる事です。

合わせると、、、

『夫婦関係の破綻をもくろんで、破綻させようと義務をおこたる事』

という意味になります。

(まさにウチの元夫の事ですね。)

 

 

悪意の遺棄の慰謝料の相場

相場は50万円~300万円です。

具体的な内容と、悪意のレベル高さ、証拠により、慰謝料が変わってきます。

 

悪意の遺棄として認められるポイント

  • 同居の義務とは

『同居の義務』は一緒に住む事なのですが、

悪意の遺棄の場合、正当な理由無く同居を拒む事を指します。

なので、出張での別居や、入院によるもの、DVで家を出たり

喧嘩して冷却期間を少し距離をとるもの、などは含まれません。

義務なのですが、別居する事は違法ではない、

あくまで、夫婦はこうあるべきという感じです。

 

  • 協力の義務とは

『協力の義務』は協力し合う事なのですが、

『夫婦は協力し合って結婚生活を送るべし』

と定めているので、そのままなのですが

夫が健康であるのに、働かず、

妻が働きに出ている間も、夫は家に居ても家事もしない・・・

というのが協力の義務に違反している事になります。

 

  • 扶助の義務とは

『扶助の義務』は助け合う事なのですが

妻が妊娠中で体が辛いと言って家事をしない。

夫が病気をして、家にいるのに家事を手伝わない。

というのは扶助義務違反にはあたりません。

そんな時はお互い助け合っていきましょうという事です。

『夫婦の一方が扶助を必要とする様な場合は、もう片方が今迄と同等の生活を送れる様に援助すべし』

と定めているので、

逆に、妊娠中で辛いと言っている妻の面倒を見ずに手伝わないどころか、

遊びに行ったり、病気で食事の介助が必要な夫の世話をしないのは扶助義務違反です。

夫が急に働かなくなっても、夫が働けなくなったら、

妻が働きに出る様にする事が扶助義務となります。

 

ここまで説明しましたが、

線引きがハッキリしないので

とても認められるのが難しい事と、証拠もとりずらいです。

裁判になると、義務をおこたっていた方は

妻の見ていない所で職探しをしていたとか

家事は全てでは無いけど少しはしていましたよーとか

言えちゃうわけです。。。

 

たま が思うには

別居に至った経緯と時期の記録がちゃんとあって

別居している事を賃貸契約書や住民票で証明し

生活費が長期間入っていない(途絶えた)通帳を証拠として提出すれば

かなり説得力のある主張になると思います。

 

また、どの程度長期間にわたり生活費が入れられてなかったのかも

悪意のレベルを示す材料になると思います。

 

悪意の遺棄として認められた事例

例1)生活費を渡さない。

結婚して(妊娠して)仕事を辞めて専業主婦になったのに

生活費を渡してくれない。

 

例2)理由も無く同居を拒否する

妻の許可なく賃貸物件をかりて、なんとなく一緒にいたくない。や、

全く理由を言わない状態で家に帰ってくる事を拒む事。

 

例3)頻繁に家出を繰り返す

家に妻や子を残して

何日も帰らないでどこにいたかわからない等です。

 

例4)DVをして追い出す、毎日暴力をふるって家を出る様にしむける

言う迄もなく『悪意』がありますね。最低です。。。

 

例5)浮気相手の家に入り浸り帰ってこない

浮気の方でも証拠になりますが

破綻をもくろんでる、同居義務違反のも当てはまるので

悪意の遺棄とダブルで証明出来ます。

 

例6)姑との折り合いが悪く帰って来ない

夫が話を聞いてくれなくて(協力義務違反)

家を出ざるを得ないときは同居義務違反にはなりませんが

夫に話していない形で出ていくと同居義務違反になってしまいます。

例7)単身赴任の夫から生活費が送られてこない

単身赴任自体は同居義務違反ではないです

単身赴任先の家事をしない事も協力義務違反ではないけど

生活費が送られて来ないのは扶助義務違反になります。

 

例8)子供の教育上必要な別居

悪意の遺棄にはあたりません。

 

参考サイト:あなたの弁護士

 

 

実際にあった悪意の遺棄が認められた判例

半身不随の妻を

介助が必要だと知りながら

正当な理由もないまま家を飛び出し

長期間帰宅せず、その上生活費も全く渡さなかった事が

悪意の遺棄として認められた。

(浦和地判昭60.11.29判タ596・70)

 

参考書籍:離婚と慰謝料

実際にあった悪意の遺棄が認められなかった判

会社倒産後に夫が家出をして女性と同棲し

アルコール中毒で入院したが、

妻はこれを見舞わず、その生活費も入院費も負担はせず

その後、夫が帰宅をするが受け入れなかった事が

悪意の遺棄に当たらなかった。

(東京高判昭55.11.26)

 

『悪意の遺棄』としての考え方

『悪意の遺棄』というと難しく聞こえますが

人間として、夫婦として、相手の事を思い合って、助け合っていきましょう!って事です。

それが、度を超して違反していると

婚姻関係を続けるのは難しいよね。って事で離婚が認められると言う事です。

 

まとめ・体験談

たま の体験談からお話をさせて頂くと

育って来た環境が違うんだから

夫婦って話し合わなきゃいけないし

歩み寄らなきゃいけないと思っていましたし・・・

それが たま にとっての当たり前だと思っていました。

 

『ちゃんとイヤな事はイヤとか、疑問がある時は話し合おうね』

って言えば5秒もかからない事が

たま 達夫婦にとって小さなズレになりました。

 

たま の裁判の時

元夫は たま の事を家事もせず協力義務に反すると主張していました。

(実際は妊婦で入退院を繰り返して絶対安静を言われていたしほとんど家にもいれなかったのですが)

 

元夫は婚姻生活中に自分の稼いだ給料を渡す事が

イヤだったとも言ってました。

 

たま 的には、感謝も伝えていたはずだったけど、

もっと感謝されるべきだという元夫の気持ちに気付かなかった。

 

元夫がそんな風に思っていた事は

たま は離婚調停や裁判になってから知る事になりました。

 

こういう、小さなズレから大きな問題になって行くんだと思います。

パパもママも超能力者ではないので

お互い口に出して言わなければわかりません。

イヤだという事も、感謝してる、と言う事も。

 

離婚ってしなければ、しないにこした事はないし

今、ちょっと夫とズレを感じるなーと思っているママは

当たり前って概念を捨てて、

よーく話合ってみるのも離婚の回避に繋がると思います。

 

何かあれば、夫婦で話し合うなんて『当たり前』と思っていてけど

夫は妻なら気持ちにに気付けよ。と思っていたし

たま は何かあれば言って来るでしょ。と思っていた。

その事を口に出さず結局大きな問題になってしまった たま の失敗談です。

(離婚した事に後悔はしていませんよ(笑))

 

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です