【離婚が認められる5つの理由(5)】婚姻関係を継続しがたい重大な理由とは?

離婚が認められる5つの理由,婚姻関係を継続しがたい重大な理由

こんばんは!

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

合意して離婚する分には理由は何でも良いのですが

一方が『離婚したくない!』と言えば争う事になります。

裁判になると協議とは違い

理由は関係なく何でも離婚できるって訳ではなくなります。

裁判で『離婚したい』と主張する時に認められる理由は5つあります。

 

その5つの理由とは

  1. 浮気・不倫(不貞行為)
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがない事
  5. その他婚姻関係を継続しがたい重大な理由

 (引用元:民法第770条) 

 

万が一、理由が無い場合でも

上記の理由になんとかこじつけて

5つの1つを主張していかなければ認められません。

 

離婚したくないのに、相手が

『離婚してくれー』

と言うだけで離婚出来ては困るからです。

 

その為、言葉だけではなく

第三者が納得出来る様な客観的な証拠が必要です。

 

離婚事由『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』について。

主観も交えて説明して行きます。

 

婚姻関係を継続しがたい重大な理由とは

『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』は1番多く主張される理由です。

何故かというと、大体の事由は

ほぼ『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』に当てはまるからです。

 

該当するとされている事由

  • 性格の不一致
  • 暴力・侮辱・虐待(DV)
  • 性生活の不満
  • 同性愛・性的不能
  • 配偶者の親族との不和
  • 過度な宗教活動
  • 犯罪行為による服役
  • 金銭問題

など

『夫婦関係が事実上破綻しており、精神的・社会的・経済的に困難な状況である』

と認められた場合『何故そうなったか?』より、

現状の訴えを重くとらえて離婚を成立させるケース(判例)が多くあるようです。

 

その他・流れと証拠

お互いの歩み寄り、

努力や妥協点を探したりという流れは通りつつも決まってはいくので、

それなりの説得材料(証拠)が必要です。

 

夫が浮気しているのに隠しつつ

性格の不一致を理由に持ち出して離婚を主張するケースも珍しくないので

第三者が見て『なるほどね』と思う様な主張や証拠は必要です。

性格の不一致

中でもこの理由は多いです。

たま も離婚原因の1つに、この理由がありました。

 

そもそも、違う所で生まれ、違う場所で育ち

性別も違う、年代も違う方もおられるでしょう。

性格や価値観が完全に一致する方が少ないです。

 

この理由を主張する人が多いだけで

この理由が認められやすいとかではないです。

そして、この理由1つで離婚が出来てしまうと

ほぼ全ての夫婦が簡単に離婚出来ますので

これ1つでは離婚事由として成立させるのは無理だと考えてください。

 

『婚姻関係を継続しがたい理由』の色々ある中の1つとして使われます。

 

 

暴力・侮辱・虐待(DV)

暴力・侮辱・虐待・DVを判定するのは、裁判官もとても慎重です。

立証するには診断書や写真、会話の録音、日記など、必要になってきます。

事故や、わざと自分でケガしたり、写真の日付を偽造したり、

部分だけ撮って顔を写さず他人のケガの写真を使ったり、

詐欺の様な事もある様です。

 

これが立証できれば、この理由だけで離婚は決まります。

 

基本的に親族内のトラブルは

法律や警察は介入できない場合が多いですが

今は夫婦間のDVで刑事事件として扱われる事もあります。

 

夫婦喧嘩でママからパパへ手が出てしまうご家庭もありますね。

男性がするイメージのDVですがママからのDVも含まれます。

裁判でママからパパへの暴力でDVと認められる判例は少ない様ですが、

年々パパ側からの訴える件数が多くなっている様で、

しっかり上記の証拠が揃っていれば、認められる事もあります。

 

 

性生活の不満

性生活の不満で離婚が成立するのは

性格の不一致と同じく、コレ一つでは難しいのが現状です。

しかし、裁判所では婚姻中の性生活も重要事項である事は認めています。

 

  • 相手が嫌がっているのに異常なプレー(SMや行為中の撮影をするなど)を

強要し継続的に行っている様であれば『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』として

認められる事もあるようです。

  • セックスレスも1つですが『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』にした判例は今の所ないようです。

しかし、セックスレスを発端として婚姻関係に影響を及ぼし

日常生活が上手く行かなくなったと証明できれば認められる可能性はあります。

 

どちらも、合意のもとであると理由にはなりませんので、不満であると言う事が前提です。

 

 

同性愛・性的不能

  • 配偶者が同性愛者だった場合

同性愛を理由に離婚する主張には注意点が1つあります。

同性愛は『不貞行為』に該当しないと言う事です。

『不貞行為』とは、異性との行為を示すので該当しなくなっています。

同性愛自体に問題がある訳ではなく、

配偶者が同性愛者である事によって夫婦生活にどのような影響を及ぼし

『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』になるのかを主張しなければなりません。

  • 性的不能

性的不能については、異常な性的性質とは事情が違います。

国によっては明確な基準がありますが、今の所、日本には明確な基準がありません。

年齢、健康状態などの理由で無い限り、

性的不能は性的異常と同等に『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』として認められる可能性はあります。

 

実例で、妻が極端に性生活を拒み、夫に慰謝料150万円を支払った判例があります。

(平成3年・岡山地裁)

 

 

配偶者の親族との不和

配偶者の両親と同居する事はよくある事です。

同居すると当然、別々で暮らしている家庭よりも子供を接する機会が多かったり、

預ける事も簡単に出来てしまう事から配偶者両親と教育方針が違ったり、

良かれと思ってした事でも、配偶者両親との関係が上手くいかないキッカケになる事もあります。

 

実際『配偶者の親族との不和』は大きな問題で

主張としては上位に入る程多いです。

ですが、離婚の裁判としては争うのは夫婦の事です。

 

主張としては、

夫に調整を持ちかけても取り合ってもらえない事で

夫婦関係にズレが生じ

『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』

までになったという流れが必要です。

 

 

過度な宗教活動

前提として日本では憲法にて信仰、宗教活動の自由を保障されています。

ですので、常識的な範囲内であれば宗教活動を行うことは離婚事由として認められません。

過度であり、夫婦生活に支障をきたしていると言う所がポイントとなってきます。

 

 

実際の判例)

  • 宗教活動に没頭するあまり家事をおろそかにし、ほとんど外出しており家庭の安息が損なわれた。
  • 幼い子を一緒に信入させ、宗教活動の為に時間を問わず外出し、

無断で外泊する事が続き夫婦関係が破綻した。

(大阪高裁平成2年12月14日判決)

 

などが、認められたケースになります。

夫婦生活や夫婦協力義務を怠る様な宗教活動において離婚事由として認められると言う事です。

 

 

犯罪行為による服役

配偶者が犯罪を犯し服役する場合においても

すぐさま離婚が認められるわけではありません。

何度も繰り返したり、服役が長期に及び

残された配偶者や子供に重大な支障を与え

結婚生活の継続が困難という立証ができて離婚事由として成立します。

 

 

金銭問題

  • 極度の浪費癖
  • ギャンブル
  • 浪費やギャンブルによる借金

などがあります。

第三者からみて、度を超している事が判断材料になるので

金銭問題を主張する時は金額、頻度、内容、借金の額を明確にしておく必要があります。

 

参考・引用サイト:離婚弁護士ナビ

具体的な実例(たま の体験談)

裁判の中で元夫からの『性格の不一致』の主張がありました。

たま が言った『そうゆう事は自分で考えてよ』と言われた事や

『分からないなら聞いてよ』と言われたのが

毎回、矛盾しているとして、性格の不一致の主張としてあげられました。

 

弁護士さんが言うには

多分『モラハラ』という主張にしたかったけど

実際の所、そこまでの大きな主張にならないから

『モラハラ』という言葉を使わなかったのだろうと言っていました。

 

その言葉だけ切り取れば、確かに正反対の言葉ですが

実際は前後の会話があります。

 

実際は、

元夫『心配ってした事ないんだけど、どうやってするの?』

に対しての

たま『そうゆう事は自分で考えてよ』

 

 

妊娠中のお腹の激痛で病院に電話して!と頼んだときに

元夫が『わかった。』と言ってから10分くらいして

まだ電話をしていなかったので

たま『何でまだ電話してないの?』

元夫『どこに電話して良いか分からなかったから。』

に対しての

たま『分からないなら聞いてよ』

です。

 

人それぞれ感じ方はあるでしょう。

この たまの言葉を『モラハラ』だと思う人もいるかもしれません。

でも、たま は元夫が切り抜きしてきた言葉に言った事は事実なので、

ただ『はい』と認めるしかないわけです。

 

上記の会話の件は反論として説明する機会がありましたが、

他にも、関係無いシーンの言葉を切り抜きされて

事実を認めるだけで反論はしませんでした。

というか、ほぼ切り抜きた正反対の言葉を隣りに並べられて

矛盾していると言われている!性格の不一致だ!

と言われ、それが離婚理由の主な内容でした。

 

そうゆう意味じゃないんだよ・・・と言えないのも

とてもストレスが貯まるものです。。。

 

それを裁判官がモラハラだと認めればモラハラなります。

裁判官が認めたか、認めなかったかは、

知らされないまま裁判はすすんで行きます。

 

LINEでやり取りした事、会話、日記、

そうゆう物の中から証拠として、都合の良い部分だけ切り取って提出されます。

 

夫婦だから何を言って良いって訳でもないけど

夫婦喧嘩なんて、ほぼ感情的です。

ついキツイ言葉が出たり、思ってもない事が出たりするかもしれません。

相手が離婚を考えている場合は録音している場合もあります。

LINEで言い争う事もあるでしょう。

それも証拠として提出されます。

 

気をつけてくださいね~笑

な~んて言ったら普通に会話出来なくなりますね。

 

離婚を考えているママはLINEとかメールとか

保存しておいた方がいいかもしれないですね。

そのファイルをパソコンや別の場所に保管しておかないと

機種変更とかデータ移行の時になくなる事もありえます。

相手は自分の都合の良い所しか出さないので、

無くしたら、違うという主張もできなくなりますよ。

 

まとめ

『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』として

色々な理由を書きましたが

夫婦関係というのは様々、十人十色です。

 

たま の体験談を読んで

モラハラではないと思ってくれている人は

分かりやすいと思いますが

相手に非があって言っているつもりが

自分にとって不利な事を主張している場合があります。

 

 

逆にモラハラだと思った方の場合も

『この たま ってヤツは何を堂々と言っているんだ?それはモラハラだよ!』

っと思っても たま はモラハラでは無いと思って胸を張って主張する訳ですから、

たまが自分から不利な主張をしている事になります。

裁判官がどちらよりの考えかにもよってくるのかもしれません。

 

その辺を主張するかしないかは

弁護士さんが有利になると思えば言うし

不利になると思えばいいません。

弁護士さんに隠したり嘘をついたりしていると

反論されて、有利になるはずが不利になったりします。

 

信頼して委任する弁護士さんには

都合の悪い事も『正直に話す』というのが

良い判断に繋がると思います。

 

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です