【離婚訴訟日記】訴状が届きました。(1)

【離婚訴訟日記】訴状が届きました。(1)

 

こんにちは。

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

今日から訴訟日記を書いていこうと思います。

離婚訴訟の訴状が届いた日からの日記を書いていこうと思います。

離婚訴訟を視野に入れている方、訴訟中の方は、是非読んで頂きたいです。

何故、書こうと思ったか?

  • 訴訟の事、法律の事を自分の味方になってくれると疑わない人が多い事
  • 人生で訴訟を起こす、起こされる事はそうそうなく、情報があまりない
  • 訴訟しなかい、訴訟を起こされるかもしれない、と不安になっている人の相談を受けて来たから

私の日記の中で、色々と『え?』裁判所ってそんな所なの?

と思う事がきっとあると思います。

 

マイペースに更新して行きますが、どうぞ宜しくお願いします。

更新のお知らせが欲しい方はお問い合わせフォームでも、

ツイッターからでも良いのでお知らせください。

 

訴状が届いた

調停を経て、別居し3年にさしかかる、ある日の事でした。

 

<関連記事>

【離婚調停日記】裁判所から通知と回答書

【離婚調停日記】ガチガチに緊張した第1回目調停期日

【離婚調停日記】泣いてしまった第2回目調停期日・婚姻費用請求の話も加えて

【離婚調停日記】最終回!!第3回目調停期日・全ての結果が明らかに!!

 

 

ちょうど家に居て掃除をしていた時に

(ピンポーン)

インターフォンがなりました。

『日本郵便です〜。書留で〜す。』

いつもメルカリやAmazon等でお買い物をしているので

郵便局からのお届け物や書留多々あるのですが

なんか動悸がしだして、ドキドキ、ソワソワ、、、

『コレ多分、裁判所からだな・・・(・_・;)』

と思いました。

 

人間に備わってる感覚ってスゴイです。

ずっと警戒しているものが来ると勘が働くものなんですね:(;゙゚’ω゚’):

 

受け取ると案の定『訴状』でした。

正しくは

『第1回口頭弁論期日呼び出し状及び答弁書催告状』

と言う物です。

 

警戒と言っても

調停の時に調停委員さんから

私達の場合の別居での離婚事由が成立するのに

(別居期間の長さで婚姻関係の破綻証明させる事・夫婦により期間は違います。)

大体3年位と聞いていたので

そろそろかなと思っていたのもありました(・_・;)

 

今迄の娘と2人で生活する中で

本当に死ぬかもしれないと思って

何度となく助けを求めるメールを送っても

連絡が取れなかったので

どこ迄本気かも定かではありませんでした。

 

返信はなくても

『早く終わらせたいな〜』

という気持ちは分かっていたので

この3年目には

調停なり、連絡なりがあるんだろうなぁ・・・

とは思っていました。

(でも、連絡なくいきなりはビックリしましたが・・・)

なので万が一いきなり訴状が来ても

あまりショックは受けないと思っていましたが

やっぱり、それなりにショックでした。。。(◞‸◟)

 

訴状の中身

さて中身ですが、こんな感じです。

 

『第1回口頭弁論期日呼び出し状及び答弁書催告状』には

  • 口頭弁論期日(この日に口頭弁論と言うものが開かれますよ。と言う事)
  • 出頭場所の法廷番号
  • 答弁書提出期限(訴状の中身に対して答弁する書類を書きます。)が書かれています。

 

答弁書は書く書類が同封されているのが一般的だそうですが

なぜか たま の場合は入っておらず書類から作る事になりました。

 

そして訴状・1枚目は

  • 原告(申し立てた人・たま の場合は夫)代理人弁護士の名前
  • 原告の本籍
  • 原告の住所
  • 原告の名前
  • 原告代理人弁護士事務所の住所・電話番号・fax番号

 

  • 被告(訴えられた人・たま の場合は たまの名前)
  • 被告の本籍
  • 被告の住所
  • 被告の名前

まずこんな当たり前の情報の中で

普通なら突っ込みようのない所ですが

 

夫の本籍が間違っている、、、

おまけに離婚していないので

たま の本籍も

『原告と同じ』

となっていますので違います。

 

裁判の必要な書類に、戸籍謄本があるので

本来は間違うはずもないのですが・・・

 

そして、戸籍謄本も3年以上前のもの。

とりに行くのも面倒だしこれでいいや〜って事で

3年以上前の戸籍謄本を提出したのでしょう。

(どれだけ適当なんですか?Σ(゜Д゜;))

 

そして、まだありました。

夫の住所が違う!!

 

職場の住所でも現住所でもない場所が記載されています。

何故、現住所が違うと分かるかというと

別居中に一度、こちらから円満調停を申請しようと

調べていたのでからわかります。

(探偵さんや弁護士さんに頼まなくても簡単に調べられる方法があります。)

訴状に記載されている住所は、前の職場の住所になっていました。。。

(適当にも程があります(꒪⌓꒪ ))

 

かろうじて名前だけは間違いはありませんでした(笑)

※後日談ですが たま の委任弁護士に訂正して頂きました。

 

 

 

ビックリする謎の金額と裁判費用(訴訟費用)

そして下の方に

こんな事が書かれています。

 

離婚等請求事件

訴訟物の価額 160万円

貼用印紙額 1万3000円

 

たま 宛の慰謝料か何かの請求額だと思って

ビビリましたが、違いました(╯•﹏•╰)

 

請求の趣旨に関係があるのですが

離婚自体(離婚をするか否か)を裁判で争う場合は

裁判所へ依頼する事件項目の依頼料的なものの金額が160万円で

その160万円に必要な印紙が1万3000円だそうです。

160万円というのは夫も たま にもあまり関係のない金額です。

 

なので訴訟費用(裁判費用)は

印紙代の1万3000円と言う事になります。

訴訟を起こした夫が払っている金額になります。

 

よく裁判費用って高額だと思われている事が多いですが

裁判費用自体はこの位の2万円前後の金額になります。

 

裁判費用は たま の例でいうと

  • 訴訟費用 1万3000円
  • 戸籍謄本発行代 450円
  • 郵便切手代 6000円前後

その他、証人尋問が必要な場合は宿泊代やお礼等が裁判に最低限必要な費用です。
(弁護士さんをつけるつけないは任意なので費用には入っていません)

 

例えば)

他の項目も争いたいという場合は印紙代が

財産分与は900円加算

養育費は900円加算

といった感じで、争う項目ごとに加算されていくという事になります。

 

※地域や色々な問題で加算額は変わってくるので参考にして下さい。

印紙代は裁判所に問い合わせた方が確実です。

上記、項目の加算額は東京で2017年の物です。

 

『よし!訴訟を申し立てよう!!』『本人訴訟しよう!!』

『なんだ〜!裁判って安い!早速申請しよう!!』

と思った方はちょっと待ってください

弁護士費用は別ですよ!弁護士費用はかなり高額です!!

 

『じゃ、本人訴訟でやる!』

(弁護士なしで自分で弁護する事を本人訴訟といいます)

とおっしゃる方もいますが、

経験者として言わせてください。

 

『それだけは絶対やめてください!!!』

 

たま のプロフィールにある通り

『情報・知識はとても大切です。』

知らないという事は場合によっては身を滅ぼす事になります。

 

例えるならば

弁護士さんは経験者であり辞書なわけです。

辞書(情報)を見てもよいテストに辞書を持たずに行くには

辞書を全暗記するか、負けを覚悟でいくしかありません。

辞書を完全に暗記しても

その情報をどう使うかは実践した人(経験者)にしか

わからない物もあります。

 

『夫は弁護士なんかつけないよ』と思っている方

連絡をとって居る方の中には

夫本人からは

『弁護士なんか付けないよ。』

と言われているかもしれません。

 

夫はお金がないから付けない。と

タカをくくっているママもいるかもしれません。

そんな事に惑わされてはいけません。

相手は弁護士を付けてくるかもしれません。

裁判は人生がかかっている戦いです。

(たま の様に訴えられる側なら

最初の訴状に弁護士の名前がありわかるかもしれませんが・・・)

 

お互い戦略は大事です。

手の内を見せる人はいません。

 

相手方のその言葉がまだ信じられるなら

相手方の事を信じる心を失っていないうちに

『和解調停』や『協議離婚』にしましょう。

弁護士を付けずに最初から負ける気で行くなら

『第1回口頭弁論』に欠席すれば、終わり(負け)ます。

 

夫が弁護士を付ないからと言って

こちらも付けない方が良いなんて事は全くありません。

 

まとめ

日記ではなくて解説みたいになってしまいましたが・・・

 

弁護士費用が高いからつけられないなど

お金がないという方は

お金では解決できない

『親権』等の大切な物を失う前に、よ〜く考えてくださいね。

 

つづく・・・

【離婚訴訟日記】訴状が届きました。(2)

 

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です