【離婚訴訟日記】訴状が届きました。(3)夫の離婚請求原因とは?

【離婚訴訟日記】訴状が届きました。(3)夫の離婚請求原因とは?

 

おはようございます。

裁判離婚シングルマザー たま です。

 

 

夫の離婚請求原因とは?

前回の訴状内容から引き続き

夫の『離婚請求の原因』の内容です。

 

<関連ページ>

【離婚訴訟日記】訴状が届きました。(1)

【離婚訴訟日記】訴状が届きました。(2)

 

下記は、夫が離婚したい理由とその経緯です。

 

経緯

『争われる当事者』

  • 原告(夫)の生年月日
  • 被告(たま)の生年月日
  • 婚姻届けを出した日
  • 子供の名前
  • 子供の生年月日

が書いてあります。

 

『離婚原因』

  • いつどこで出会ったか
  • どんな経緯で交際が始まったか
  • どんな経緯でいつ婚姻届を出したか
  • いつ頃どこで同居生活を始めたか

離婚請求内容

夫の『離婚したい』と思った経緯と内容になります。

全て書くととても長いので要点だけ書きます。

 

訴状の中では夫や妻の表現ではなく、原告と被告という表現をされますが

解りやすくするために妻と夫に置き換えてます。

(被告と言われショックを受ける人がいる様ですが

離婚の場合、訴えた人が原告で訴えられた人が被告になるので、あまり意味はありません。)

 

  • 妊娠中、家事をしなかった
  • 夫が通院の補助をしていた
  • 夫の給料を渡すように言われた
  • (夫の)お小遣いが少なかった
  • 家庭用品を買っても領収証を出さないと代金をくれなかった
  • 会社の交通費も領収書を渡し、自分(夫)の給料から出していた
  • 義父義母に自動車保険や健康保険の支払い状況を執拗に聞かれた
  • 給与明細の旅行の積み立てや備品積み立てとは何かを聞かれた
  • 妻の収支について開示がなかった
  • 義母から貯金を全て妻に渡す様に言われたが拒否した
  • 妻と義母から金銭面で責められた
  • 会社から交通費が出ない事を責められた
  • 無給の休日出勤をすると責められた
  • 上記の事がストレスになり体重が減った
  • 妊婦の妻は障害をもった子が生まれるのではないか?という不安からインターネット検索をし続けた。
  • 夫両親は結婚の時や他の祝い事もお祝いしようと思っていたが、しなかった、その為生まれる前にベビー服やオムツを送った所、変な親だと言われ怒られた。
  • 妻は『自分で考えろ』と言ったり、『解らなければ聞け』と言ったり、矛盾した事を言うのでどうして良いのか解らなくなった。
  • 妻の母に暴言を吐かれ、それを止めない妻の態度により結婚生活と続けられなくなった。
  • 原告の実家は妻が帝王切開になるかもしれないと原告から聞き50万円の送金をした。その50万円を妻の母親は妻に預ける様に指示をした。
  • 夫は自宅に帰るのが怖くなって、体が震える様になった。
  • 夫は妻に非協力的だと責められ、泣いた。
  • 長女の出産を終えた妻に同居出来ないと告げ、会社の寮で生活をする事になった。
  • 調停が不調に終わってから婚姻費用を現在に至るまで毎月12万円を支払っている。
  • 婚姻期間の同居年数と別居期間中に一度も会っていない事、妻と長女にも2度と会う事はない事から、民法770条1項5号(婚姻関係を継続しがたい重大な理由)に基づき離婚を求める。

 

はい。くだらない、しょーもない、と思った方もおられるでしょう。

たま 自身書いていて恥ずかしい部分もありました。。。

 

この夫の訴状には、言うまでもなく、ある事・無い事

自由に書いてあります。

当事者の たま も『は??』『え??』って感じでした。

 

これがイヤだったなんて聞いた事が無い・・・

こんな出来事は身に覚えがない・・・

話し合って同意の上でしていた事も本当はイヤだったんだね・・・

話し合う前に、解決しようとも思わないで離婚を考える人がいるんだね・・・

まさしく『性格の不一致』という事なんでしょう。

 

たま が、上記の事に理解できない以上

性格や価値観が合わないっていう事なんだろうなと思いました。

それと『婚姻関係を継続しがたい重大な理由』として

もう1つ『別居期間の長さ』があげられました。

 

離婚請求原因の項目の中には たま にとって

『ソレの何がいけないの??』

と思う事は多々書いてあります。

 

でも訴状に書いてあるという事は

夫の弁護士さんが

『妻の欠点だ!離婚の原因に値する!』

と思って書いているのでしょう。

(と思っていました。。。)

 

 

 

まとめ

たま は当事者なので

一般的にどうなのかもわかりませんが

中には、夫が気に食わなかった気持ちと同じく

『何? たま ってヤツ、イカれてるの??』

と思う人もいるのかもしれません。

でも残念ながら たま には理解ができません。

 

夫が出て行って、離婚裁判までに至っているので

夫からは弁護士さんに本気で主張した

離婚したいと思う程の理由だった事には間違いないです。

 

実際は夫が勝手に出て行くまで

喧嘩という喧嘩は1度もありませんでした。

実は腹の中ではこう思ってたなんて・・・人って怖いですね。

 

こうゆう出来事で、子供の人生から簡単にパパという存在が失くなります

 

当たり前ですが、夫の失態などは自分で書くはずもないので書かれていません。

 

p.s

裁判では全ての人が『平等』です。

 

例えば)

妊婦の妻が入院中に夫は家出をし

行方をくらまし

生活費を入れず

家庭を放棄し

遊び回ろうが

海外旅行いこうが

不倫しまくろうが

子供が入院していると連絡しても無視しようが

自分の子供に対して二度と会いたく無いと思おうが1人の人間です。

 

『平等』にその後の人生があって、幸せを追求する権利もあります。

『二度と会いたく無い』という気持ちも罪はないので何のマイナス点にもなりません。

 

償うという意味では慰謝料のみ。。。

その慰謝料だって値切られ、結局未払いで、また手を焼く事にもなります。

立証されなければ慰謝料だって請求する権利もないって訳です。

DVとかパワハラなんてもっと最悪かもしれません。

我慢に我慢を重ねて、命かけて逃げても立証が難しかったり、疑われたり、、、

 

こんな逃げたもん勝ちの法律なんて

裏切られた方はたまったもんじゃありません。

 

親権がとれて子供と居れて幸せだから

慰謝料や養育費の少なさにも『まぁいいか』と思う部分はありますが

裏切られた側の納得までは難しい条件です。

 

つづく・・・

【離婚訴訟日記】夫の訴状に対しての たま の答弁書

 

 

 

 

アバター

singlemother-tama

調停・裁判を経て離婚した、30代シングルマザーの たま と申します。 1人で子育てする中、沢山の理不尽な事に直面し情報の大切さに気付きました。離婚を考え中の方や既にシングルマザーの方に1つの知識なる様な情報をお届け出来る様に頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です